知って損なし熱帯魚の種類

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。

目次

熱帯魚の分類

カラシンの仲間

カラシンの仲間は、主に南米大陸・アフリカ大陸に生息する、全長数センチから1メートルに達する大型種まで含む大きなグループ。多くの種類は背ビレの後方に小さなヒレを持ち、歯が発達している場合もあります。

コイの仲間

コイの仲間は、アジアの温帯~熱帯地域やアフリカ、北アメリカ大陸に分布しています。温和な種類が多く、混泳もさせやすいので、初めての飼育にもおすすめです。

メダカの仲間

メダカの仲間は、グッピーをメインにしてカラフルな尾ビレが特徴的な種類が多いです。また、水槽のメインを担う種類が多いことから熱帯魚の中でも花形と言えます。

シクリッドの仲間

シクリッドの仲間は、主に南米大陸・アフリカ大陸に分布しています。多くの種類は両親が卵や生まれたばかりの仔魚を守り育てる、愛らしい生態を持った種類が多のも特徴的です。

アナバスの仲間

アナバスの仲間は、主に東南アジア・アフリカ大陸に分布するグループ。最大の特徴は副呼吸器官(ラビリンス器官)により、水面から酸素を取り入れて呼吸すること種類もいます。

ナマズの仲間

ナマズの仲間は、全世界に分布し、3,000種類以上知られている大きな種類になります。多くの種類はヒゲを持った愛嬌のある姿をしています。

デンキウナギの仲間

デンキウナギの仲間は、208種類がいる種類になります。体内に発電器官を持つ淡水魚で、中央アメリカや南アメリカに多く生息しています。

フグの仲間

フグの仲間は、海水に生息している種類が有名ですが、熱帯地方の淡水に生息するフグが多数存在しています。それらは可愛らしい見た目から人気があります。

ダリオの仲間

ダリオの仲間は、海水魚のスズキの分類される種類になり、インドや東南アジアに分布するグループ。それらは美しい見た目から人気が高い種類になります。

サヨリの仲間

サヨリの仲間は、海水魚のダツの分類される種類になり、東南アジアに分布するグループになります。それらは細長い見た目からインパクトのある種類になります。

レインボーフィッシュの仲間

レインボーフィッシュの仲間は、オーストラリア大陸やニューギニア島など広い範囲に分布するグループになります。それらの種類は多彩な外見から人気があります。

シュリンプの仲間

シュリンプの仲間は、アジアの国々に分布するグリープになります。さまざまな観賞用シュリンプが誕生し、今やアクアリウムの1分野として確立され、世界中で楽しまれています。

カラシンの仲間

ネオンテトラ

innesi_2

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚になります。熱帯魚の中でも、昔から親しまれている品種になります。そのため、ほとんどの専門店で取り扱っている熱帯魚になります。ネオンテトラの特徴は、頭から尾びれにかけて青い光を放ちます。そして、その青い光の下のところが赤く光るのも特徴的です。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。ネオンテトラとはネオンテトラは、カラ[…]

カージナルテトラ

axelrodi_2

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚になります。昔から親しまれている品種になります。そのため、多くの専門店で取り扱っている熱帯魚になります。カージナルテトラの特徴は、頭から尾びれにかけて青い光を放ちます。

関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]

ブラックテトラ

blacktetra_2

ブラックテトラは、南米のアルゼンチンやパラグアイにあるグァポレ川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚になります。カラシン科の中でも体の形が「ひし形」のようになっているのが特徴的です。

関連記事

ブラックテトラは、南米のアルゼンチンやパラグアイにあるグァポレ川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、体の形がひし形のようになっています。今回は、そんなブラックテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]

エンペラーテトラ

palmeri_2

エンペラーテトラは、南米のコロンビアに生息しているカラシン目カラシン科ネマトブリコン属の熱帯魚になります。ネマトブリコン属には、エンペラーテトラとレインボー・テトラの2種類しかいません。エンペラーテトラは、カラシン科の中でも体色がキレイな品種になります。淡いパープルの体色に黒色の太い縦縞があり、黄緑に近い色のヒレを持っています。

関連記事

エンペラーテトラは、南米のコロンビアに生息しているカラシン目カラシン科ネマトブリコン属の熱帯魚で、淡いパープルの体色に黒色の太い縦縞があり、黄緑に近い色のヒレを持っています。今回は、そんなエンペラーテトラの特徴と飼い方を詳しく説明し[…]

レインボーテトラ

lacortei_2

レインボーテトラは、南米のコロンビアに生息しているカラシン目カラシン科ネマトブリコン属の熱帯魚になります。ネマトブリコン属には、エンペラーテトラとレインボー・テトラの2種類しかいません。レインボーテトラは、エンペラーテトラと体の形などは似ている部分が多いです。しかし、体色などには違う部分があります。腹びれと尾びれの外側の縁が薄い青色になっており、体の黒いラインの上に青い光沢を持つのが特徴になります。

関連記事

レインボーテトラは、南米のコロンビアに生息しているカラシン目カラシン科ネマトブリコン属の熱帯魚で、腹びれと尾びれの外側の縁が薄い青色になっており、体の黒いラインの上に青い光沢を持っています。今回は、そんなレインボーテトラの特徴と飼い[…]

グローライトテトラ

erythrozonus_2

グローライトテトラは、南米ギアナ地方にあるエセキボ川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚になります。グローライトテトラは、他のテトラ系と比べると地味な品種になります。体の形は、ネオンテトラなどと同じ形をしています。体色は、少し黒みがかった半透明の体色をしており、頭から尾びれまでオレンジ色のラインが一本入っているのが特徴的です。

関連記事

グローライトテトラは、南米ギアナ地方にあるエセキボ川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、少し黒みがかった半透明の体色をしており、頭から尾びれまでオレンジ色のラインが一本入っているのが特徴的です。今回は、そんなグローライトテ[…]

ラミーノーズテトラ

bleheri_2

ラミーノーズテトラは、南米のブラジルなどを流れるネグロ川などに生息しているカラシン目カラシン科ヘミグランムス属の熱帯魚になります。ラミーノーズテトラの、体の形はネオンテトラなどとあまり変わりません。次にラミーノーズテトラの体色についてです。まず、体全体は銀色で頭部が真っ赤なのが特徴的です。また尾びれは、しましま模様が入っています。

関連記事

ラミーノーズテトラは、南米のブラジルなどを流れるネグロ川などに生息しているカラシン目カラシン科ヘミグランムス属の熱帯魚で、体全体は銀色で頭部が真っ赤なのが特徴的です。今回は、そんなラミーノーズテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

コイの仲間

アカヒレ

albonubes_2

アカヒレは、コイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚になります。アカヒレの原産地は、中国の広州市にある白雲山になります。体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインが入ります。また尾びれと背びれの付け根あたりが赤いことも特徴の一つになります。

関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

オレンジグリッター・ダニオ

daniochoprai_2

オレンジグリッター・ダニオは、コイ目コイ科ダニオ属の熱帯魚になります。オレンジグリッターダニオの原産地は、東南アジアのミャンマー北部にあるイラワジ川になります。オレンジグリッター・ダニオの特徴は、黄色(オレンジ)の色彩が美しいカラフルな体色になります。

関連記事

オレンジグリッター・ダニオは、ミャンマー北部にあるイラワジ川が原産のコイ目コイ科ダニオ属の熱帯魚で、体色は、黄色(オレンジ)の色彩が美しく、体の側面に淡い斑紋を持っています。今回は、そんなオレンジグリッター・ダニオの特徴と飼い方を詳[…]

ゼブラ・ダニオ

daniorerio_2

ゼブラ・ダニオは、コイ目コイ科ダニオ属の熱帯魚になります。ゼブラ・ダニオの原産地は、インド北部にあるコシ川になります。ゼブラ・ダニオの特徴は、黄色(オレンジ)の体色に紺色の縦じまを持っていることです。

関連記事

ゼブラ・ダニオは、インド北部にあるコシ川が原産のコイ目コイ科ダニオ属の熱帯魚で、黄色(オレンジ)の体色に紺色の縦じまを持っているキレイな魚になります。今回は、そんなゼブラ・ダニオの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]

ガラ・ルファ

garrarufa_2

ガラ・ルファは、コイ目コイ科ガラ属の熱帯魚になります。ガラ・ルファの原産地は、トルコ、イラン、イラクなどの西アジア地域の河川になります。ガラ・ルファがいる水槽に手や足を入れると人間の古い角質をこそぎ取ってくれるという最大の特徴にして最大の魅力をもっています。その特徴から、日本では「ドクターフィッシュ」で名で知られています。

関連記事

ガラ・ルファは、トルコ、イラン、イラクなどの西アジアが原産でコイ目コイ科ガラ属の熱帯魚で、体色は黒っぽくあまり派手ではありません。その代わりに、人間の古い角質などを取ってくれることからドクターフィッシュの名で知られています。今回は、[…]

クーリーローチ

pangiosemicincta_2

クーリーローチは、コイ目ドジョウ科クーリーローチ属の熱帯魚になります。クーリーローチの原産地は、インドネシアやマレーシアなどの東南アジア地域になります。水槽などで飼育する場合には混泳させる生き物の食べカスや壁面についた藻を食べてもらうような目的で飼育する方も多いです。

関連記事

クーリーローチは、インドネシアやマレーシアなどの東南アジアが原産でコイ目ドジョウ科クーリーローチ属の熱帯魚で、体色はオレンジ色を基調に黒色の模様を持っており、口が下向きについていることから食べカスなどを食べてくれます。今回は、そんな[…]

クラウンローチ

chromobotia_2

クラウンローチは、コイ目ドジョウ科の熱帯魚になります。クラウンローチの原産地は、東南アジアにあるスマトラ島やボルネオ島になります。水槽などで飼育する場合には混泳させる生き物の食べカスや壁面についた藻を食べてもらうような目的で飼育する方も多いです。

関連記事

クラウンローチは、東南アジアにあるスマトラ島やボルネオ島が原産で、コイ目ドジョウ科の熱帯魚で、体色は黄色をメインに、黒色の帯が入っている縞模様が特徴的です。今回は、そんなクラウンローチの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います[…]

サイアミーズ・フライングフォックス

crossocheilus_2

サイアミーズ・フライングフォックスは、コイ目コイ科の熱帯魚になります。サイアミーズ・フライングフォックスの原産地は、タイやマレーシアなどの東南アジア地域になります。サイアミーズ・フライングフォックスは、雑食でその中でも植物性のもの(特に苔や藻など)を好んで食べます。そのため、水槽などで飼育する場合には混泳させる生き物の食べカスや壁面についた藻を食べてもらうような目的で飼育する方も多いです。

関連記事

サイアミーズ・フライングフォックスは、タイやマレーシアなどの東南アジアが原産でコイ目ドジョウ科の熱帯魚で、体色は茶色などを基調に口元から尾びれの先端まで黒いラインが一直線にあり、苔や藻などの植物性のものを好んで食べます。今回は、そん[…]

チェリーバルブ

titteya_2

チェリーバルブは、コイ目コイ科プンティウス属の熱帯魚になります。チェリーバルブの原産地は、東南アジアのスリランカにあるケラニ川とニルワラ川になります。チェリーバルブの体色は、濃い赤色か黄色い色の2種類になります。

関連記事

チェリーバルブは、東南アジアのスリランカが原産でコイ目コイ科プンティウス属の熱帯魚で、体色は濃い赤色か黄色い色の2種類がおり、貝類が大好物であることから貝類の害虫を処理する時などに重宝されています。今回は、そんなチェリーバルブの特徴[…]

ドレープフィンバルブ

crenuchoides_2

ドレープフィンバルブは、コイ目コイ科の熱帯魚になります。ドレープフィンバルブの原産地は、南アジアのインドにあるジョライ川周辺になります。ドレープフィンバルブの体色は、黒色や赤色を基調に尾びれの付け根部分に黒色の丸い模様がついています。

関連記事

ドレープフィンバルブは、南アジアのインドにあるジョライ川が原産のコイ目コイ科の熱帯魚で、体色は黒色や赤色を基調に尾びれの付け根部分に黒色の丸い模様を持っており、背ビレが非常に美しい熱帯魚になります。今回は、そんなドレープフィンバルブ[…]

ミクロラスボラ・ハナビ

margaritatus_2

ミクロラスボラ・ハナビは、コイ目コイ科セレスティクティス属の熱帯魚になります。ミクロラスボラ・ハナビの原産地は、東南アジアのミャンマーにあるサルウィン川になります。ミクロラスボラ・ハナビの体色は、ダークブルーの基調として明るい黄色の斑点模様が特徴的です。

関連記事

ミクロラスボラ・ハナビは、東南アジアのミャンマーにあるサルウィン川が原産でコイ目ドジョウ科セレスティクティス属の熱帯魚で、体色はダークブルーの基調として明るい黄色の斑点模様を持っている非常に美しい熱帯魚です。今回は、そんなミクロラス[…]

ラスボラ・アクセルロディ・ブルー

sundadanio_2

ラスボラ・アクセルロディ・ブルーは、コイ目コイ科スンダダニオ属の熱帯魚になります。ラスボラ・アクセルロディ・ブルーの原産地は、東南アジアのインドネシアにあるスマトラ島、ボルネオ島になります。ラスボラ・アクセルロディ・ブルーの体色は、透明感がある皮膚に背中付近を美しいネオンブルーが腹部付近を真っ赤・黒色の体色を持っているのが特徴的です。

関連記事

ラスボラ・アクセルロディ・ブルーは、東南アジアのインドネシアにあるスマトラ島、ボルネオ島が原産でコイ目コイ科スンダダニオ属の熱帯魚で、体色は背中部分に美しいネオンブルーがある熱帯魚になります。今回は、そんなミクロラスボラハナビの特徴[…]

ラスボラ・エスペイ

trigonostigmaespei_2

ラスボラ・エスペイは、コイ目コイ科トリゴノスティグマ属の熱帯魚になります。ラスボラ・エスペイの原産地は、東南アジアのタイ、マレーシア、インドネシアになります。ラスボラ・エスペイの体色は、オレンジ色を基調として体の側面に黒い模様が入っているのが特徴的です。

関連記事

ラスボラ・エスペイは、東南アジアのタイ、マレーシア、インドネシアが原産でコイ目コイ科トリゴノスティグマ属の熱帯魚で、オレンジ色を基調として体の側面に黒い模様が入っているのが特徴的な美しい熱帯魚です。今回は、そんなラスボラ・エスペイの[…]

レッドフィンレッドノーズ

resplendens_2

レッドフィンレッドノーズは、コイ目コイ科サブワ属の熱帯魚になります。レッドフィンレッドノーズの原産地は、東南アジアのミャンマーにあるインレー湖になります。レッドフィンレッドノーズの体色は、体全体が淡いブルーメタリックの光を放ち鼻の部分と尻ビレの上下の端が赤色になっています。またレッドフィンレッドノーズ、最大の特徴として鱗が全くありません。

関連記事

レッドフィンレッドノーズは、東南アジアのミャンマーにあるインレー湖が原産でコイ目コイ科サブワ属の熱帯魚で、体色は体全体が淡いブルーメタリックの光を放ち鼻の部分と尻ビレの上下の端が赤色の非常に美しい熱帯魚です。今回は、そんなレッドフィ[…]

スマトラ

tetrazona_2

スマトラは、コイ目コイ科プンティウス属の熱帯魚になります。スマトラの原産地は、インドネシア共和国にあるスマトラ島やボルネオ島になります。スマトラの体色は、四本の黒い帯状の線が体の側面を縦断するようにあります。また、黒と黄色の体色を持った個体もいることから「タイガーバルブ」という別名を持っています。

関連記事

スマトラは、インドネシア共和国にあるスマトラ島やボルネオ島が原産でコイ目コイ科プンティウス属の熱帯魚で、四本の黒い帯状の線が体の側面を縦断しているのが特徴的な熱帯魚になります。今回は、そんなスマトラの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

メダカの仲間

アフィオセミオン・ストレータム

aphyosemion_2

アフィオセミオン・ストレータムは、カダヤシ目ノソブランキウス科アフィオセミオン属の熱帯魚になります。アフィオセミオン・ストレータムの原産地は、中央アフリカのギニア共和国やガボン共和国になります。アフィオセミオン・ストレータムの体色は、体の側面に赤いラインとメタリックなブルーのストライプ模様が特徴的です。

関連記事

アフィオセミオン・ストレータムは、中央アフリカのギニア共和国やガボン共和国が原産でカダヤシ目ノソブランキウス科アフィオセミオン属の熱帯魚で、体色は体の側面に赤いラインとメタリックなブルーのストライプ模様をもっている非常に美しい熱帯魚[…]

アフリカンランプアイ

poropanchax_2

アフリカンランプアイは、カダヤシ目カダヤシ科ポロパンチャクス属の熱帯魚になります。アフリカンランプアイの原産地は、西アフリカのナイジェリア連邦共和国やカメルーン共和国になります。アフリカンランプアイの体色は、体全体が半透明で深みのあるグレーで他の熱帯魚に比べると地味な色をしています。

関連記事

アフリカンランプアイは、西アフリカのナイジェリア連邦共和国やカメルーン共和国が原産でカダヤシ目カダヤシ科ポロパンチャクス属の熱帯魚で、体色は体全体が半透明で深みのあるグレーで他の熱帯魚に比べると地味な色をしています。今回は、そんなア[…]

オリジアス・ウォウォラエ

woworae_2

オリジアス・ウォウォラエは、カダヤシ目カダヤシ科の熱帯魚になります。オリジアス・ウォウォラエの原産地は、東南アジアのインドネシア共和国になります。オリジアス・ウォウォラエの体色は、メタリックブルーを基調に胸ビレや尾びれに鮮やかなオレンジ・赤色があり、腹部から喉元にかけて真っ赤になります。

関連記事

オリジアス・ウォウォラエは、東南アジアのインドネシア共和国が原産でカダヤシ目カダヤシ科の熱帯魚で、体色はメタリックブルーを基調に胸ビレや尾びれに鮮やかなオレンジ・赤色があり、腹部から喉元にかけて真っ赤になります。今回は、そんなオリジ[…]

クラウンキリー

annulatus_2

クラウンキリーは、カダヤシ目ノソブランキウス科エピプラティス属の熱帯魚になります。クラウンキリーの原産地は、西アフリカのギニア共和国やリベリア共和国になります。クラウンキリーの体色は、茶色を基調に黒色の帯が体の側面に縦線として入っています。また、尾びれは赤色、青色、黄色ととてもカラフルな色をしています。

関連記事

クラウンキリーは、西アフリカのギニア共和国やリベリア共和国が原産でカダヤシ目ノソブランキウス科エピプラティス属の熱帯魚で、体色は茶色を基調に黒色の帯が体の側面に縦線が入っており尾びれは赤色、青色、黄色ととてもカラフルな色をしています[…]

ノソブランキウス・ラコビー

nothobranchius_2

ノソブランキウス・ラコビーは、カダヤシ目ノソブランキウス科ノソブランキウス属の熱帯魚になります。ノソブランキウス・ラコビーの原産地は、アフリカ南部のモザンビーク共和国になります。ノソブランキウス・ラコビーの体色は、オレンジ色と格子模様のようにメタリックブルーの色を基調として、尾ビレにグリーン、ブルー、レッド、オレンジ、ブラックなど様々な色が出てきます。

関連記事

ノソブランキウス・ラコビーは、アフリカ南部のモザンビーク共和国が原産でカダヤシ目ノソブランキウス科ノソブランキウス属の熱帯魚で、体色はオレンジ色と格子模様のようにメタリックブルーの色を基調として、尾ビレにグリーン、ブルー、レッド、オ[…]

サザンプラティフィッシュ

xiphophorus_2

サザンプラティフィッシュは、カダヤシ目カダヤシ科クシフォフォルス属の熱帯魚になります。サザンプラティフィッシュの原産地は、北アメリカ・中央アメリカにあるメキシコ合衆国やグアテマラ共和国になります。サザンプラティフィッシュは、一般的に略されて「プラティ」という名で知られています。

関連記事

サザンプラティフィッシュは、北アメリカ・中央アメリカにあるメキシコ合衆国やグアテマラ共和国が原産でカダヤシ目カダヤシ科クシフォフォルス属の熱帯魚で、体全体が赤い種類や頭部や腹部以外の部分が黒く染まる種類などがいます。今回は、そんなサ[…]

グッピー

poecilia_2

グッピーは、カダヤシ目カダヤシ科グッピー属の熱帯魚になります。グッピーの原産地は、中央アメリカや南アメリカになります。グッピーの体色は、種類により大きく異なります。1858年頃に、イギリスの植物学者である「グッピー」によって発見され、1859年に学名がつけられた。

関連記事

グッピーは、中央アメリカや南アメリカが原産でカダヤシ目カダヤシ科グッピー属の熱帯魚で、種類によって尾びれの形や体の模様が大きく違う熱帯魚になります。今回は、そんなグッピーの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。グッ[…]

モーリー

molly_2

モーリーは、カダヤシ目カダヤシ科グッピー属の熱帯魚になります。モーリーの原産地は、中南米のメキシコやコロンビア共和国になります。モーリーの体色は種類により大きく異なります。セルフィン・モーリーのように長くキレイな背びれが特徴的な種類もいます。

ソードテール

hellerii_2

ソードテールは、カダヤシ目カダヤシ科キシフォフォルス属の熱帯魚になります。ソードテールの原産地は、北アメリカのメキシコ合衆国になります。ソードテールの体色は、全身が赤色や赤と白の紅白色を持ち白色の部分はアルビノの特徴である透明感をもっている種類などがいます。ソードテールは、尾びれが剣のように長く伸びることから名前が付きました。

シクリッドの仲間

アピストグラマ・トリファスキアータ

trifasciata_2

アピストグラマ・トリファスキアータは、スズキ目シクリッド科アピストグラマ属の熱帯魚になります。アピストグラマ・トリファスキアータの原産地は、南アメリカにあるブラジル連邦共和国やボリビア多民族国やパラグアイ共和国を流れる河川(パラグアイ川、グアポレ川等)になります。アピストグラマ・トリファスキアータの背びれは、暗めの青色とメタリックブルーのような色を持っています。

関連記事

アピストグラマ・トリファスキアータは、南アメリカにあるブラジル連邦共和国やボリビア多民族国やパラグアイ共和国が原産でスズキ目シクリッド科アピストグラマ属の熱帯魚で、背びれが暗めの青色とメタリックブルーのような色を持っています。今回は[…]

ラミレジィ

ramirezi_2

ラミレジィは、スズキ目シクリッド科ミクロゲオファーガス属の熱帯魚になります。ラミレジィの原産地は、南アメリカにあるベネズエラ・ボリバル共和国やコロンビア共和国を流れる河川(オリノコ川、メタ川等)になります。現在では、さまざまな国、地域で養殖(ブリード)が行われており、たくさんの種類が誕生しています。

関連記事

ラミレジィは、南アメリカにあるベネズエラ・ボリバル共和国やコロンビア共和国が原産でスズキ目シクリッド科ミクロゲオファーガス属の熱帯魚で、体全体が鮮やかな青色をした種類や赤色・黄色などの体色を持った種類などもいます。今回は、そんなラミ[…]

ペルヴィカクロミス・タエニアータス

taeniatus_2

ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、スズキ目シクリッド科ペルヴィカクロミス属の熱帯魚になります。ペルヴィカクロミス・タエニアータスの原産地は、西アフリカ・中央アフリカにあるナイジェリア連邦共和国やカメルーン共和国になります。ペルヴィカクロミス・タエニアータスの体色は、長く伸びた背ビレと尻ビレに美しい青色と赤色の模様が入っています。

関連記事

ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、西アフリカ・中央アフリカにあるナイジェリア連邦共和国やカメルーン共和国が原産でスズキ目シクリッド科ペルヴィカクロミス属の熱帯魚で、長く伸びた背ビレと尻ビレに美しい青色と赤色の模様が入っています。[…]

エンゼルフィッシュ

scalare_2

エンゼルフィッシュは、スズキ目シクリッド科エンゼルフィッシュ属の熱帯魚になります。エンゼルフィッシュの原産地は、南アメリカにあるペルー共和国やコロンビア共和国やブラジル連邦共和国などを流れるアマゾン川になります。現在エンゼルフィッシュは、東南アジアで養殖・繁殖(ブリード)などが活発に行われおり輸入されるエンゼルフィッシュの多くが東南アジア産になります。

関連記事

エンゼルフィッシュは、南アメリカにあるペルー共和国やコロンビア共和国やブラジル連邦共和国などを流れるアマゾン川が原産でスズキ目シクリッド科エンゼルフィッシュ属の熱帯魚で、平べったい体と高さがあるひし形という特徴的な体の形をしています[…]

アノマロクロミス・トーマシー

thomasi_2

アノマロクロミス・トーマシーは、スズキ目シクリッド科アストロノータス属の熱帯魚になります。アノマロクロミス・トーマシーの原産地は、西アフリカにあるシエラレオネ共和国やリベリア共和国になります。アノマロクロミス・トーマシーを飼育する人の中には、「スネール」という貝を処理してもらう目的で飼育している人もいます。

アナバスの仲間

グラミー

gourami_2

グラミーは、スズキ目キノボリウオ亜目オスフロネムス科の熱帯魚になります。グラミーの原産地は、南アジアにあるインド共和国や東南アジアにあるマレー半島になります。グラミーには、特徴的な長く伸びた腹ビレを持っており、「アンテナ」という愛称で呼ばれることもあります。

関連記事

グラミーは、南アジアにあるインド共和国や東南アジアにあるマレー半島が原産でスズキ目キノボリウオ亜目オスフロネムス科の熱帯魚で、特徴的な長く伸びた腹ビレをもっておりアンテナという愛称で知られています。今回は、そんなグラミーの特徴と飼い[…]

ベタ

betta_2

ベタは、スズキ目オスフロネムス科ベタ属の熱帯魚になります。ベタの原産地は、東南アジアにあるタイ王国を流れるメコン川流域になります。ベタの特徴として、大きく成長するヒレと色鮮やかな体色になります。また、近年は品種改良により複雑な色の種類も出てきています。ベタ属を総称して「ベタ」と呼びますが、現在一般的にベタとして流通している品種は、「ベタ・スプレンデンス」になります。

関連記事

ベタは、東南アジアにあるタイ王国を流れるメコン川流域が原産でスズキ目オスフロネムス科ベタ属の熱帯魚で、大きく成長するヒレと色鮮やかな体色をしています。また、近年は品種改良により複雑な色の種類も出てきています。今回は、そんなベタの特徴[…]


関連記事

ベタを、専門店に見に行くとダブルテールやハーフムーンなどのベタが販売されている場合があります。また、ベタにはたくさんの種類があるので迷ってしまうことが非常に多いです。今回は、そんなベタの種類を詳しく説明していきたいと思います。[…]

ナマズの仲間

プレコ

plecostomus_2

プレコは、ナマズ目ロリカリア科ペコルティア属の熱帯魚になります。プレコの原産地は、南アメリカにあるアマゾン川流域とオリノコ川流域になります。プレコの特徴として、鎧のように固くザラザラとした鱗と、岩や壁面に張り付くことが出来る吸盤状の口になります。この特徴的な口で壁などに付いた苔や食べカスを食べることから水槽のゴミ取り役として昔から親しまれている品種になります。

関連記事

プレコは、南アメリカにあるアマゾン川流域とオリノコ川流域が原産でナマズ目ロリカリア科ペコルティア属の熱帯魚で、鎧のように固くザラザラとした鱗と、岩や壁面に張り付くことが出来る吸盤状の口を持っています。今回は、そんなプレコの特徴と飼い[…]


関連記事

プレコを、専門店に見に行くとセルフィンプレコやタイガープレコなどのプレコが販売されている場合があります。また、プレコには他にもたくさんの種類があるので迷ってしまうことが多いです。今回は、そんなプレコの種類を詳しく説明していきたいと思[…]

コリドラス

corydoras_2

コリドラスは、ナマズ目カリクティス科コリドラス属の熱帯魚になります。コリドラスの原産地は、南アメリカにあるアマゾン川流域になります。コリドラスは、岩や壁面に付着している苔などを食べるためにナマズなどと同じように口が下側に付いているのが特徴になります。この特徴的な口で、付着したゴミや苔を取ることから、プレコなどと同じように水槽のゴミ取り役として昔から重宝されいます。

関連記事

コリドラスは、南アメリカにあるアマゾン川流域が原産でナマズ目カリクティス科コリドラス属の熱帯魚で、岩や壁面に付着している苔などを食べるためにナマズなどと同じように口が下側に付いています。今回は、そんなコリドラスの特徴と飼い方を詳しく[…]


関連記事

コリドラスを、専門店に見に行くと赤コリドラスや白コリドラスなどのコリドラスが販売されている場合があります。また、コリドラスには他にもたくさんの種類があるので迷ってしまうことが多いです。今回は、そんなコリドラスの種類を詳しく説明してい[…]

オトシンクルス

otocinclus_2

オトシンクルスは、ナマズ目ロリカリア科オトシンクルス属の熱帯魚になります。オトシンクルスの原産地は、南アメリカにあるアマゾン川流域になります。オトシンクルスは、体がナマズなどと同じように体高が低く、横から見た際に平べったい見た目をしています。

関連記事

オトシンクルスは、南アメリカにあるアマゾン川流域が原産でナマズ目ロリカリア科オトシンクルス属の熱帯魚で、体高が低く、横から見た際に平べったい見た目をしており吸盤状の口を持っておりそれを器用に使用しエサを取ります。今回は、そんなオトシ[…]

トランスルーセント・グラスキャット

kryptopterus_2

トランスルーセント・グラスキャットは、ナマズ目ナマズ科クリプトプテルス属の熱帯魚になります。グラスキャットの原産地は、東南アジアにあるタイ王国やマレーシアになります。トランスルーセント・グラスキャットの体色は、透明で骨が丸見えの状態になっています。

関連記事

トランスルーセント・グラスキャットは、東南アジアにあるタイやマレーシアが原産でナマズ目ナマズ科クリプトプテルス属の熱帯魚で、体の色が透明という特徴の熱帯魚になります。今回は、そんなトランスルーセント・グラスキャットの特徴と飼い方を詳[…]

デンキウナギの仲間

ブラック・ゴースト

albifrons_2

ブラック・ゴーストは、デンキウナギ目アプテロノトゥス科アプテロノタス属の熱帯魚になります。ブラック・ゴーストの原産地は、南アメリカにあるベネズエラ・ボリバル共和国やペルー共和国になります。黒い布をかぶって驚かす幽霊に見えることから「ブラック・ゴースト」と名付けられました。

フグの仲間

アベニーパファー

carinotetraodon_2

アベニーパファーは、フグ目フグ科カリノテトラオドン属の熱帯魚になります。アベニーパファーの原産地は、インドのバンパ川になります。アベニーパファーは、世界最小の淡水フグとしても有名な種類になります。

関連記事

アベニーパファーは、インドのバンパ川が原産でフグ目フグ科カリノテトラオドン属の熱帯魚で、黄色を基調に背中側に深緑色や黒色に近い斑点を持っており世界最小の淡水フグとしても有名な種類になります。今回は、そんなアベニーパファーの特徴と飼い[…]

ダリオの仲間

スカーレットジェム

dario_2

スカーレットジェムは、スズキ目バディス科ダリオ属の熱帯魚になります。スカーレットジェムの原産地は、インドや東南アジア(タイやマレーシア)になります。スカーレットジェムの体色は、赤色と黄色を含んだスカーレット色がメインになります。

関連記事

スカーレットジェムは、インドや東南アジアが原産でスズキ目バディス科ダリオ属の熱帯魚で、赤色と黄色を含んだスカーレット色の美しい体色を持った熱帯魚になります。今回は、そんなスカーレットジェムの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思い[…]

サヨリの仲間

デルモゲニー

dermogeny_2

デルモゲニーは、ダツ目サヨリ科デルモゲニー属の熱帯魚になります。デルモゲニーの原産地は、東南アジアにあるタイ王国やマレーシアになります。デルモゲニーの体色は、シルバーメタリック色をしており、光沢を持っています。

関連記事

デルモゲニーは、東南アジアにあるタイ王国やマレーシアが原産でダツ目サヨリ科デルモゲニー属の熱帯魚で、シルバーメタリック色をしておりキラキラと光るのが特徴的な熱帯魚になります。今回は、そんなデルモゲニーの特徴と飼い方を詳しく説明してい[…]

レインボーフィッシュの仲間

バタフライレインボー

pseudomugil_2

バタフライレインボーは、トウゴロウイワシ目プセウドムギル(シュードムギル、ブルーアイ)科プセウドムギル属の熱帯魚になります。バタフライレインボーの原産地は、オーストラリア北部やニューギニア島南部になります。バタフライレインボーの体色は、透明な体の上に黄色が乗っているため、光が当たるとゴールデンに見えるのが特徴的です。

関連記事

バタフライレインボーは、オーストラリア北部やニューギニア南部が原産でトウゴロウイワシ目プセウドムギル科プセウドムギル属の熱帯魚で、透明な体の上に黄色が乗っている体色や伸長しているヒレ持っている熱帯魚になります。今回は、そんなバタフラ[…]

ネオンドワーフレインボー

melanotaenia_2

ネオンドワーフレインボーは、トウゴロウイワシ目メラノタエニア科メラノタエニア属の熱帯魚になります。ネオンドワーフレインボーの原産地は、東南アジアにあるインドネシアのニューギニア島北部を流れるマンベラモ川になります。ネオンドワーフレインボーの体色は、銀色を基調として光が当たるとキラキラと虹色の輝きを放ちます。

関連記事

ネオンドワーフレインボーは、インドネシアのニューギニア島北部を流れるマンベラモ川が原産でトウゴロウイワシ目メラノタエニア科メラノタエニア属の熱帯魚で、銀色を基調として光が当たるとキラキラと虹色の輝きを放つ熱帯魚になります。今回は、そ[…]

シュリンプの仲間

ミナミヌマエビ

denticulata_2

ミナミヌマエビは、エビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビになります。ミナミヌマエビの原産地は、日本、朝鮮半島、中国、台湾などの東アジアになります。ミナミヌマエビの体色は、黒色の細い線が背中部分に筋の用に一定間隔で入っていますが、特徴的な体色を持っているわけではありません。

関連記事

ミナミヌマエビは、日本、朝鮮半島、中国、台湾などの東アジアが原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビで、黒色の細い線が背中部分に筋の用に一定間隔で入っているエビになります。今回は、そんなミナミヌマエビの特徴と飼い方を詳し[…]

ヤマトヌマエビ

multidentata_2

ヤマトヌマエビは、エビ(十脚)目ヌマエビ科ヒメヌマエビ属のエビになります。ヤマトヌマエビの原産地は、日本、朝鮮、台湾などの東アジアになります。ヤマトヌマエビの体色は、透明の体に薄く赤色の点線が入っており、特徴的な体色を持っているわけではありません。

レッドビーシュリンプ

neocaridina_2

レッドビーシュリンプは、エビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビになります。レッドビーシュリンプの原産地は、香港、台湾などの東アジアになります。レッドビーシュリンプの体色は、赤と白の横縞模様が特徴的です。

最新情報をチェックしよう!