コンゴテトラの特徴と飼い方

コンゴテトラは、アフリカになるニジェール川、ボルタ川が原産でカラシン目アレステス科ミクラレステス属の熱帯魚で、尾びれの後ろ側の中央付近が突出しており二つに裂けている熱帯魚になります。今回は、そんなコンゴテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

コンゴテトラとは

interruptus_2

コンゴテトラは、カラシン目アレステス科ミクラレステス属の熱帯魚になります。コンゴテトラの原産地は、アフリカになるニジェール川、ボルタ川になります。コンゴテトラは、他のカラシン系と同じシルエットをしていますが、尾びれの後ろ側の中央付近が突出しており二つに裂けているのが特徴的です。コンゴテトラの体色は、シルバーを基調として赤色や青色が側面に入っています。

関連記事

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。熱帯魚の分類カ[…]


関連記事

ディスカスは、南アメリカにあるアマゾン川、プルス川、シングー川が原産で、スズキ目シクリッド科ディスカス属の熱帯魚で、縦に平たく成熟すると尾びれや腹ビレが伸びて円盤状に成長する熱帯魚になります。今回は、そんなディスカスの特徴と飼い方を[…]


関連記事

パロットファイヤーは、東アジアになる台湾が原産でスズキ目シクリッド科の熱帯魚で、丸みを帯びた体型と強調されたおでこが特徴的な熱帯魚になります。パロットファイヤーは、自然界に存在してしない熱帯魚になります。今回は、そんなパロットファイ[…]


関連記事

レッドテールブラックシャークは、東南アジアにあるタイ王国のチャオプラヤ川、メークローン川が原産でコイ目コイ科エパルゼオリンコス属の熱帯魚で、真っ黒を基調に尾ビレが真っ赤という特徴的な体色の熱帯魚になります。今回は、そんなレッドテール[…]

コンゴテトラの飼い方

コンゴテトラの寿命は、約3〜4年になります。また、体の大きさは約8〜10cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば5.5~7.5を特に好みます。コンゴテトラは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

interruptus_3

混泳について、まずコンゴテトラの性格は、温和な性格になります。そのため、コンゴテトラを飼育していると他の観賞魚に比べて集団で泳いでいるのがわかります。コンゴテトラは、集団で泳ぐことで大きな魚に見せる事による防衛と、もし襲われた場合には一匹でも多く生き残るための対策などから集団で泳いでいます。淡水の観賞魚の中でも、集団で泳ぐ品種はあまり多くないので、集団で泳ぐ様子を見たい方にオススメします。また、温和な性格なので他の魚に対して危害を加える可能性が低いです。逆に、コンゴテトラと一緒に混泳させる品種が縄張り意識が高いことなどによって他の魚に危害を加える種類に場合には、真っ先にやられてしまうので、そこは事前に調べておくようにしてください。

関連記事

プレコは、南アメリカにあるアマゾン川流域とオリノコ川流域が原産でナマズ目ロリカリア科ペコルティア属の熱帯魚で、鎧のように固くザラザラとした鱗と、岩や壁面に張り付くことが出来る吸盤状の口を持っています。今回は、そんなプレコの特徴と飼い[…]

産卵についてのポイント

コンゴテトラを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。コンゴテトラは、寿命が2年ほどなので繁殖ができる状態になるまでの期間が短く、おおよそ生まれてから4〜6ヶ月ほどで成長します。つまり、繁殖させたい場合には、専門店などで購入する際に比較的若い個体を選ぶのが重要になってきます。また、コンゴテトラは、オス・メスをしっかり見分けておく必要があります。次に繁殖用の水槽を用意してすることです。もし産卵に成功してその後孵化した後に、親(大人)と稚魚(子供)を一緒の水槽で飼育していると、餌などの奪い合いや大人が稚魚を食べてしまうことが起こり稚魚の数が減少してしまう場合があります。そのようなことを、未然に防ぎ人間側が管理しやすいように、親と子を別々の水槽で飼育することをオススメします。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

コンゴテトラを飼う際の注意点

interruptus_4

コンゴテトラは、尾びれの後ろ側の中央付近が突出しており二つに裂けているのが特徴的です。コンゴテトラは、非常に水草を食べる品種になるので水草などをメインにしている水槽に入れておくとすぐにダメになるので注意が必要です。もし、食べられたくない場合には「アヌビアス・ナナ」などの葉自体が固いものを選ぶ事をオススメします。コンゴテトラは、カラシン系の中でも寿命が長い品種になります。また、体の大きさもカラシン系の中では大きい方になります。もし、コンゴテトラに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

関連記事

まず、金魚を飼おうと思った際にいれるものが必要になってきます。その時にまず思いつくのが水槽です。しかし、水槽には大きさや形状など様々なものがあります。今回は、水槽について説明していきたいと思います。水槽を選ぶポイントについて[…]

最新情報をチェックしよう!