ペルヴィカクロミス・タエニアータスの特徴と飼い方

ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、西アフリカ・中央アフリカにあるナイジェリア連邦共和国やカメルーン共和国が原産でスズキ目シクリッド科ペルヴィカクロミス属の熱帯魚で、長く伸びた背ビレと尻ビレに美しい青色と赤色の模様が入っています。今回は、そんなペルヴィカクロミス・タエニアータスの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ペルヴィカクロミス・タエニアータスとは

taeniatus_2

ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、スズキ目シクリッド科ペルヴィカクロミス属の熱帯魚になります。ペルヴィカクロミス・タエニアータスの原産地は、西アフリカ・中央アフリカにあるナイジェリア連邦共和国やカメルーン共和国になります。ペルヴィカクロミス・タエニアータスの体色は、長く伸びた背ビレと尻ビレに美しい青色と赤色の模様が入っています。また、尻ビレ全体が紫色になる個体や、背ビレが青色と紫色の模様を持った個体などペルヴィカクロミス・タエニアータスの中にも特徴的な体色を持った個体が多く存在しています。ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、「ペルマト」という別名を持っており、専門店などによってはペルマトで表記している場合があります。

関連記事

アピストグラマ・トリファスキアータは、南アメリカにあるブラジル連邦共和国やボリビア多民族国やパラグアイ共和国が原産でスズキ目シクリッド科アピストグラマ属の熱帯魚で、背びれが暗めの青色とメタリックブルーのような色を持っています。今回は[…]


関連記事

ラミレジィは、南アメリカにあるベネズエラ・ボリバル共和国やコロンビア共和国が原産でスズキ目シクリッド科ミクロゲオファーガス属の熱帯魚で、体全体が鮮やかな青色をした種類や赤色・黄色などの体色を持った種類などもいます。今回は、そんなラミ[…]


関連記事

エンゼルフィッシュは、南アメリカにあるペルー共和国やコロンビア共和国やブラジル連邦共和国などを流れるアマゾン川が原産でスズキ目シクリッド科エンゼルフィッシュ属の熱帯魚で、平べったい体と高さがあるひし形という特徴的な体の形をしています[…]

ペルヴィカクロミス・タエニアータスの飼い方

ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、飼育するのが簡単な品種になります。ペルヴィカクロミス・タエニアータスの寿命は、約2〜3年になります。また、体の大きさは約8〜10cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば5.0~7.5を特に好みます。ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

taeniatus_3

混泳について、まずペルヴィカクロミス・タエニアータスの性格は、温和な性格になります。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはペルヴィカクロミス・タエニアータスがやられてしまい、ケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。ただし、産卵の時期になると縄張り意識が強くなり、他の品種などに攻撃する場合が稀にあります。それ以外の時期は、臆病な部分もあるのでネオンテトラなどのカラシン系やアカヒレなど小型の魚と混泳させるのがオススメです。もし、攻撃的になるのが怖い方は水草などをいれて隠れる場所を作ってあげるなどの対策を取るようにしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 ネオンテトラとは ネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 […]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

ペルヴィカクロミス・タエニアータスを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。まず、ペルヴィカクロミス・タエニアータスのオス・メスを見分ける事が重要になってきます。ペルヴィカクロミス・タエニアータスのオスは、背ビレと尻ビレが長く各ヒレに美しい模様が入っています。メスは求愛時に腹部に濃い紫色の体色が出ます。また、シクリット系の品種は「ケーブスポウナー」という特殊な繁殖方法を行います。その方法とは、産み付ける卵を木の下や石の下のような発見しづらい物陰に産み付ける方法になります。なので、ペルヴィカクロミス・タエニアータスを繁殖させる場合には流木や市販されている産卵用のシェルターなど産み付けやすい環境を作ってあげることが大切になります。繁殖時期以外には、それらの場所を隠れ場所として利用する場合もあるので入れておいて損はないです。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。 産卵の時期 金魚の産卵の時期は[…]

ペルヴィカクロミス・タエニアータスを飼う際の注意点

taeniatus_4

ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、飼育しやすい点や混泳がしやすい点などからオススメの品種になります。特に、初心者の方やシクリット系に初挑戦の方にオススメです。ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、個体によって体の模様が少しずつ違うので飼育して飽きることがない品種になります。また、混泳させることができる品種の幅が広いので、あとから別の品種を飼育したくなった際にも対応できる可能があります。もし、ペルヴィカクロミス・タエニアータスが気になった方は、専門店などでぜひ一度見てみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!