ラミレジィの特徴と飼い方

ラミレジィは、南アメリカにあるベネズエラ・ボリバル共和国やコロンビア共和国が原産でスズキ目シクリッド科ミクロゲオファーガス属の熱帯魚で、体全体が鮮やかな青色をした種類や赤色・黄色などの体色を持った種類などもいます。今回は、そんなラミレジィの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ラミレジィとは

ramirezi_2

ラミレジィは、スズキ目シクリッド科ミクロゲオファーガス属の熱帯魚になります。ラミレジィの原産地は、南アメリカにあるベネズエラ・ボリバル共和国やコロンビア共和国を流れる河川(オリノコ川、メタ川等)になります。ラミレジィの体色は、種類によって異なります。各種類の詳細は、下記の項目で説明しています。ラミレジィは、昔からヨーロッパなどで養殖が盛んに行われています。現在では、さまざまな国、地域で養殖(ブリード)が行われており、たくさんの種類が誕生しています。ラミレジィは、「ラム・シクリッド」という別名を持っており、専門店によっては「ラム」と表記している場合もあります。

関連記事

アピストグラマ・トリファスキアータは、南アメリカにあるブラジル連邦共和国やボリビア多民族国やパラグアイ共和国が原産でスズキ目シクリッド科アピストグラマ属の熱帯魚で、背びれが暗めの青色とメタリックブルーのような色を持っています。今回は[…]


関連記事

ペルヴィカクロミス・タエニアータスは、西アフリカ・中央アフリカにあるナイジェリア連邦共和国やカメルーン共和国が原産でスズキ目シクリッド科ペルヴィカクロミス属の熱帯魚で、長く伸びた背ビレと尻ビレに美しい青色と赤色の模様が入っています。[…]


関連記事

エンゼルフィッシュは、南アメリカにあるペルー共和国やコロンビア共和国やブラジル連邦共和国などを流れるアマゾン川が原産でスズキ目シクリッド科エンゼルフィッシュ属の熱帯魚で、平べったい体と高さがあるひし形という特徴的な体の形をしています[…]

ラミレジィの飼い方

ラミレジィは、飼育の仕方さえ知っていれば飼育は簡単なので、難易度は中程度になります。ラミレジィの寿命は、約3〜4年になります。また、体の大きさは約5〜6cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば5.0〜7.0を特に好みます。ラミレジィは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

ラミレジィの種類

バルーンラミレジィ

ramirezi_3

バルーンラミレジィは、通常のラミレジィをドイツやオランダなどで品種改良して生まれた種類になります。養殖された国によってオランダラム、ドイツラムという名前で呼ばれています。通常のラミレジィよりも体が小さく、腹部の丸みを持ち、ふっくらとした体形などから人気の品種になっています。また色違いとして、青みが強く光などに当てることで更にキレイな体色になる「コバルトブルーバルーンラミレジィ」や白色をベースに薄い金色が入っている「ゴールデンバルーンラミレジィ」などがいます。

パピリオクロミスラミレジィ

ramirezi_4

パピリオクロミスラミレジィは、南米のコロンビアやベネズエラに生息しており、ドワーフシクリッドの中でもっとも美しいと言われている種類です。専門店などで販売されている時はあまりいい発色をしていない個体が多いですが、弱酸性の水槽などで半年以上飼育していると鮮やかなオレンジ色をベースに黒い線が背中から腹部にかけて現れ、非常にキレイな体色に変化していきます。その変化を、楽しむためにパピリオクロミスラミレジィを飼育している方も多いです。ラミレジィの中では、比較的安価に販売させていることも多い種類になり、飼育の難易度もラミレジィの中では簡単な方になるのでラミレジィに挑戦する方にもおすすめの種類になります。

ジャパンラミレジィ

ramirezi_5

名前でも分かる通り、ドイツラミレジィを日本で品種改良した種類になります。特徴としてはドイツラミレジィに比べて、頭部の青色の発色を鮮やかにし、全体の体色も明るめの色になっており美しい品種になっています。ラミレジィの中でも、流通量が少なく販売している専門店も少ないことから値段が高価になっている場合が多いです。

ブリリアントラミレジィ

ramirezi_6

ブリリアントラミレジィは、青色が強い「コバルトブルーラミレジィ」と黄色や赤色が強い「ラミレジィ」を組み合わせた体色をしています。そのため、黄・赤・青のバランスが重要になってくる種類になります。それぞれの色がバランス良く出ている個体は非常に美しく目を見張る物があります。

ドイツラミレジィ

ramirezi_7

ドイツラミレジィは、ドイツで養殖し品種改良された種類になります。赤色と黄色が非常にキレイな個体が多いのが特徴になります。そのため、ラミレジィ本来の色を受け継いでいる種類としても人気が高いです。背びれが、大きい個体が多いので体高もあり、シルエットとして見た目以上のインパクトを持つ方も少なくないです。また、ドイツラミレジィは「ドイツラム」や「ジャーマンラミレジィ」などの別名を持っています。

ブルーダイヤモンドラミレジィ

ramirezi_8
ブルーダイヤモンドラミレジィは、体のほとんどを鮮やかな青色になっている種類になります。そのため、水槽をブルーダイヤモンドラミレジィだけにすると非常にキレイな青色の水槽になり水槽全体の色味の調整としても重宝されている種類になっています。

混泳させる際のポイント

ramirezi_9

混泳について、まずラミレジィの性格は、シクリット系の中では珍しく温和な性格をしています。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはラミレジィがやられてしまい、ケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。ただし、ラミレジィは繁殖期になると攻撃性が増して他の熱帯魚を追い回す場合があるのでペアで飼育する場合には注意が必要になる場合があります。また、同じシクリッド系の中にはシクリット系の種類のみと縄張り争いをしたり喧嘩をする品種もいるので、シクリット系と混泳させる際には注意をするようにしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 ネオンテトラとは ネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 […]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

ラミレジィを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。シクリット系を飼育する上で、オスの求愛からメスの産卵、育児の流れや稚魚から大人になるまでの成長の過程などの一連の繁殖行動を観察するのが楽しみの一つとして認識されている場合が多いです。まず、ラミレジィのオスとメスの違いについてです。ラミレジィのオスは、背びれなどを含めて赤色や黄色がメインの体色になります。(種類によってオスの体色は異なります)それに比べて、メスはオスよりも一回り体が大きく腹部がピンク色に染まっていき、腹びれの後ろの部分から1mmほどの卵を出す管(産卵筒)が出てきます。この体色の違いを楽しむのもオススメです。ラミレジィの繁殖方法は、産み付ける卵を木の下や石の下のような発見しづらい物陰に産み付けます。なので、ラミレジィを繁殖させる場合には流木や市販されている産卵用のシェルターなど産み付けやすい環境を作ってあげることが大切になります。繁殖時期以外には、それらの場所を隠れ場所として利用する場合もあるので入れておいて損はないです。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。 産卵の時期 金魚の産卵の時期は[…]

ラミレジィを飼う際の注意点

ramirezi_10

ラミレジィは、シクリット系の中でも飼育しやすい点や混泳がしやすい点などからオススメの品種になります。特に、初心者の方やラミレジィに初挑戦の方などにもオススメです。ラミレジィには、たくさんの種類がおりそれぞれの種類には色やシルエットがあるので、自分の好きな種類を見つけるのも魅力の一つになります。また、ラミレジィは鮮やかな色をしている種類が多く水槽ごとに色味を決めて入れるなどの楽しみ方をしている方もいます。もし、ラミレジィを専門店などで目にする機会があったら、ぜひ一度見てみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!