アマゾンフロッグピットの特徴と育て方

  • 2019年12月11日
  • 2020年7月21日
  • 水草

アマゾンフロッグピットは、トチカガミ科リムノビウム属に属する水草の一つです。名前の由来は、「frog(フロッグ)=カエル」、「pit(ピット)=穴・くぼみ」などの意味があります。今回は、アマゾンフロッグピットの特徴と育て方について説明していきます。

アマゾンフロッグピットとは

frogpit_2

アマゾンフロッグピットは、トチカガミ科リムノビウム属に属する水草の一つです。名前の由来は、「frog(フロッグ)=カエル」、「pit(ピット)=穴・くぼみ」などの意味があり、カエルが休憩するのみ丁度いい大きさの水草という意味があります。別名として、「アマゾンフロッグビット」や「サウスアメリカンフロッグビット」とも呼ばれる場合もあります。当サイトでは、「アマゾンフロッグピット」と表記しています。アマゾンフロッグピットは、南米の熱帯地域を原産地とする水草です。アマゾン・フロッグピットは500円硬貨ぐらいの大きさの丸い葉を5~8枚ほどをつける浮草の仲間です。また直径3~5cmの円形の根生薬を放射状に出し、根の長さは長く水中に垂れていきます。葉は水をはじくことができ、葉の裏側はスポンジ状になっており、それにより浮力を保っています。

関連記事

アナカリスは、被子植物門トチカガミ科の沈水植物の一つです。店頭などでは、和名の「オオカナダモ」の名で販売されていることもあります。今回は、アナカリスの特徴と育て方について説明していきます。 アナカリスとは アナカリス[…]


関連記事

カボンバは、被子植物門ハゴロモモ科の沈水植物の一つです。店頭などでは、カボンバ以外にも「カモンバ」の名で販売されているところもあります。今回は、カボンバの特徴と育て方について説明していきます。 カボンバとは カボンバ[…]


関連記事

マツモは、被子植物門マツモ科の沈水植物の一つです。マツモは、松の葉のように硬く糸のように細いのが特徴的です。今回は、マツモの特徴と育て方について説明していきます。 マツモとは マツモは、被子植物門マツモ科の沈水植物の[…]

アマゾンフロッグピットの育て方

アマゾンフロッグピットは、初心者の方でも扱いやすい種類の水草になります。水温は、20〜30℃前後を好みます。水質は、弱酸性~中性を好みます。アマゾンフロッグピットは、強めの光を好む水草なので直射日光が少しでも多く当たる場所を選ばれるといいです。もし、光が足りない場合には葉に水気がなくなり徐々に元気をなくしていきます。また、温かい環境を好むので冬場などは直接、冷気や霜などが当たる場所を避け屋内で育てるようにしてください。冬の季節以外は屋外で育てるほうが向いている水草です。育て方の類似点などからホテイ草と一緒に育てる方が多いです。

関連記事

アクアリウムをする人や観賞魚を飼育している人に欠かすことができないのが水草の存在です。しかし専門店などに行くとたくさんの水草が置かれており何を買えばいいのか分からないという方も少くないと思います。今回はそんな水草の中から育てやすく特[…]


関連記事

ホテイ草は、単子葉植物ミズアオイ科に属する水草になります。店頭などでは、ホテイ草の他にもホテイアオイやウォーターヒヤシンスなどの名で販売されていることもあります。今回は、ホテイ草の特徴と育て方について説明していきます。 ホテイ[…]

アマゾンフロッグピットの手入れ

frogpit_3

アマゾンフロッグピットは、日光などの強い光を好み、日当たりがいい場所で育てると、どんどん成長するのですが古い葉を残してしまっていると新しい葉に栄養が行き渡らせる事が難しくなります。そうなってしまうと、新しい葉が成長できないのでどんどん見た目が悪くなっていきます。そうならないためにも、古くなってきた葉をちぎるなどして捨てるようにしてください。こまめに手入れをすることで見た目も良くなりますし、成長を促進させることも可能なので枯らしてしまうリスクも軽減します。また、根も伸びてきて困っている方は約3〜5cmを残して切られても構いません。根を伸ばしすぎると、隣接しているアマゾンフロッグピットの根と、絡み合って解くのが難しくなりますし、アマゾンフロッグピットを多く入れている方であれば根を伸ばしすぎると生き物が、そこに突っ込んでしまうと根が絡まり逃げることが出来ないという事故が稀に起こるので気になる方は早めに処理しておくといいです。

関連記事

室内は屋外に比べて外部の敵が少なく飼いやすいのですが、置く場所や水温の変化などについて屋外に比べて管理がしやすい分、管理する方の力量が問われてしまいます。今回は、室内での飼い方と注意点について説明していきます。 室内での飼い方[…]


関連記事

屋外は、室内に比べて外部的な敵が多く天候の変化や生き物などにより不意に金魚が死んでしまうことがあります。ただし、原因を知って少しでも防ぐことは可能です。今回は、屋外での飼い方と注意点について説明していきます。 屋外での飼い方 […]

アマゾンフロッグピットの増やし方

アマゾンフロッグピットは非常に増えやすい水草になります。環境さえ整えてあげることで、どんどんランナー(細い管のようなもの)を伸ばし子株を持ちます。そして、子株の葉が4〜5枚ほどに成長したら管を切り一つのアマゾンフロッグピットになります。またアマゾンフロッグピットは、日光などの光が確保できる場所であれば短期間で増えるので、古い株は捨てるなどして回転を早めていくことで安定した量を確保していくことが可能になります。また、アマゾンフロッグピットのサイズで小さいのが好みの方は子株を残して親株を別の入れ物に移すなどの対処により小さいサイズのアマゾンフロッグピットだけが水に浮いている状況を作ることが出来るのでオススメです。

生き物とアマゾンフロッグピット

frogpit_4

アマゾンフロッグピットは、ホテイ草などと同様に根が伸びやすい水草になります。そのため、生き物と一緒に入れると伸びてきた根っこをエサとして食べてくれます。それにより、根が伸びてしまうことによる根っこ同士絡み合ってしまう等の問題を解決してくれます。生き物からするとエサとしての役割も果たしてくれるので必然的に人間があげるエサの量を減らすことができ、水質の悪化を減少させることが出来ます。また、屋外で飼育している方などは、アマゾンフロッグピットを入れておくことで鳥などの外敵動物から見られるのを防ぐことができます。最近は、アマゾンフロッグピットを生き物などと一緒に入れる方が増えてきています。大きめの睡蓮鉢などではなく小さめの水槽や鉢で飼育している方からするとホテイ草などの浮き草は、少し大きく存在感が出すぎてしまう場合があったのですが、アマゾンフロッグピットであればサイズもホテイ草などに比べれば小さいので今まで浮き草などを敬遠していた方などから支持されています。なにか浮き草を入れたいと考えている方はぜひアマゾンフロッグピットも考えてみてください。

最新情報をチェックしよう!