マツモの特徴と育て方

  • 2019年8月28日
  • 2020年7月21日
  • 水草

マツモは、被子植物門マツモ科の沈水植物の一つです。マツモは、松の葉のように硬く糸のように細いのが特徴的です。今回は、マツモの特徴と育て方について説明していきます。

マツモとは

demersum_2

マツモは、被子植物門マツモ科の沈水植物の一つです。一般的には金魚藻として、アナカリスやカボンバと同じように親しまれている品種の一つです。マツモは、松の葉のように硬く糸のように細いのが特徴的です。葉の色は濃い緑色をしており、光に当たることで反射してとても美しい色を放ちます。マツモは、世界中に生息しており、日本にも古くから生息していることから在来種になっています。

関連記事

アナカリスは、被子植物門トチカガミ科の沈水植物の一つです。店頭などでは、和名の「オオカナダモ」の名で販売されていることもあります。今回は、アナカリスの特徴と育て方について説明していきます。 アナカリスとは アナカリス[…]


関連記事

カボンバは、被子植物門ハゴロモモ科の沈水植物の一つです。店頭などでは、カボンバ以外にも「カモンバ」の名で販売されているところもあります。今回は、カボンバの特徴と育て方について説明していきます。 カボンバとは カボンバ[…]

マツモの育て方

マツモは、水草の中でも環境への適応能力が高い種類に分類されます。水温は、15〜26℃辺りを好みます。また、弱酸性から弱アルカリ性の水を好みます。マツモは、光合成をあまり活発にする種類ではないため陽の光が少ない場所であっても枯れることが少ない水草です。また、バクテリアなどの栄養が少ない場所でも枯れることが少ないので、新規で水槽などを始めた際に相性がいい水草でもあります。ただし注意してほしいのは、マツモは陽の光が少ない場所で枯れることが少ないだけで、うまく光合成をさせて元気な状態を保つのであれば光というものは必要になってくるので、もし陽の光が入らないのであればLEDのライトなどを使用して光を確保するようにしてください。

関連記事

アクアリウムをする人や観賞魚を飼育している人に欠かすことができないのが水草の存在です。しかし専門店などに行くとたくさんの水草が置かれており何を買えばいいのか分からないという方も少くないと思います。今回はそんな水草の中から育てやすく特[…]


関連記事

水槽などで、金魚などを飼っていると場合によっては、少し薄暗い場所に置くことがあると思います。または、応接室などのように人目につくような所に置く際には、出来るだけきれいに見せたいものです。なので今回は、照明についての説明をしていきたい[…]

マツモの手入れ

demersum_3

マツモの手入れは、葉の不要な部分の間引きや古くなってきて茶色に変色した葉の除去などです。またマツモは葉一本一本が重なり合うので、古い脇芽を切って捨てるようにするとよりきれいな状態を保つことができます。

マツモの増やし方

マツモを増やす方法として、マツモが成長している過程で脇芽が生えてくることがあります。脇芽を出している部分を切ることにより簡単に増やすことができます。マツモは、よく脇芽を出してくれるのである程度の長さに成長したらどんどん数を増やすことが可能になります。マツモの脇芽がたくさん出始めたときには根元の古い葉の部分を切ることにより古くなった葉がなくなり成長を促進することができます。

生き物とマツモ

demersum_4

マツモは、生き物と一緒にいれる水草としては最も一般的に使用される品種になります。マツモを、金魚などと一緒に入れるとマツモの葉を食べてしまいます。それにより、マツモの葉が少なくなり見栄えがイマイチになることがあるので、マツモを増やすことができだ場合には、金魚などが入っていない他の入れ物(バケツなど)にいれて保管しておき金魚などの中に入っているマツモがなくなった際に追加で入れようにすると常に見栄えが良いマツモを見ることができます。また、マツモを大量に水槽などに入れていると光が当たる部分と当たらない部分ができてしまいマツモの成長の弊害になってしまう場合があるので、適量入れておくことを心がけてください。

関連記事

室内は屋外に比べて外部の敵が少なく飼いやすいのですが、置く場所や水温の変化などについて屋外に比べて管理がしやすい分、管理する方の力量が問われてしまいます。今回は、室内での飼い方と注意点について説明していきます。 室内での飼い方[…]


関連記事

屋外は、室内に比べて外部的な敵が多く天候の変化や生き物などにより不意に金魚が死んでしまうことがあります。ただし、原因を知って少しでも防ぐことは可能です。今回は、屋外での飼い方と注意点について説明していきます。 屋外での飼い方 […]

最新情報をチェックしよう!