金魚に水草を入れる理由

金魚のみを水槽に入れていると寂しさを感じることがあります。そんな時に簡単解決してくるのが水草になります。さまざまな種類の水草を水槽に入れることが華やかにすることができます。今回は、金魚に水草を入れる理由などを説明していきます。

金魚に水草をいれる理由

aquaticplant_2

まず、金魚に水草をいれる理由として上げるのは、水槽などの色味や見た目を良くするということです。水槽に、金魚のみいれていると寂しさを感じて来ます。専門店などでも、売られている金魚の水槽には水草が入っていることが多いのでなんとなくいれている方もいるかもしれません。金魚に水草を入れる理由として、大きく分けて3つあります。1つ目は、前述で言ったように見た目を華やかにしてくれます。水草にも様々な種類があるのでそれぞれに見た目や色味に特徴があるのでその分組み合わせ方も多くなります。2つ目に、エサの代わりとしてです。観賞魚の中でも特に金魚については食料としての側面が大きいと思います。金魚の水槽の中に水草をいれた方はわかりますが、金魚は水草が大好物ですのですぐに水草を食べてしまいます。3つ目に、酸素の補給としての役割です。外などで飼育している方の中にはエアーポンプなどを設置できない場面があります。例えば、電気の供給が難しい場所や家などをよく開ける方などです。そのような方の中には酸素が足りないのではないのかと心配される方もいます。その時の対処法として、水草を入れることにより水草自体が光合成をして酸素を生成してくれることにより酸素問題を少し改善することができます。それぞれの理由の詳細を下記の項目で説明していきます。

関連記事

アナカリスは、被子植物門トチカガミ科の沈水植物の一つです。店頭などでは、和名の「オオカナダモ」の名で販売されていることもあります。今回は、アナカリスの特徴と育て方について説明していきます。 アナカリスとは アナカリス[…]


関連記事

カボンバは、被子植物門ハゴロモモ科の沈水植物の一つです。店頭などでは、カボンバ以外にも「カモンバ」の名で販売されているところもあります。今回は、カボンバの特徴と育て方について説明していきます。 カボンバとは カボンバ[…]


関連記事

マツモは、被子植物門マツモ科の沈水植物の一つです。マツモは、松の葉のように硬く糸のように細いのが特徴的です。今回は、マツモの特徴と育て方について説明していきます。 マツモとは マツモは、被子植物門マツモ科の沈水植物の[…]

水槽の見た目が華やかになる

水草を入れる理由の一つに、水槽の見た目を華やかにするために水草を入れる方がいます。金魚などの生き物だけだとやはり水槽などが寂しく感じることがあります。そのような時に水草はお手軽に解決してくれます。専門店などに行くと水草にはたくさんの種類があるので、選び方によって思い通りの水槽を作ることが可能になります。例えば、アナカリスやカボンバなどは葉が柔らかいので水の流れで左右に揺れるので見ていると疲れが軽減します。また、アヌビアス・ナナやドラセナなどの水草は葉が硬いので水の流れで揺れることがないので重厚感がでてきます。このように葉の厚さや葉の形が違うだけで水槽に入れたときの印象が大きく変わってくるので自分がどのようなイメージの水槽にしたいかで水草を選ぶのもオススメです。

関連記事

アヌビアス・ナナは、サトイモ科アヌビアス属に属する水草の一つです。西アフリカ原産の水草の一種で、流木や岩などに根を巻きつける性質があります。今回は、アヌビアス・ナナの特徴と育て方について説明していきます。 アヌビアス・ナナとは[…]

エサの代わりとして

aquaticplant_3

金魚の水槽などに水草を入れたことがある方は経験している事が多いですが、水草の葉がなくなり茎のみになっている現象がよく起こります。原因は、金魚がエサとして食べてしまっているからです。エサとして水草を食べることが悪いわけではありません。よくその現象が起きた際に、日頃人間側があげているエサが少ないから水草を食べると思われる方がいますが、だからといってエサの量を増やしてしまうと水質の悪化に繋がり金魚の体調を損なわせる原因になってしまい逆効果です。金魚は、自ら進んで水草を食べているので心配する必要は特にありません。逆に、急に食べなくなることのほうが問題で、好きで食べていたものを急に食べなくなるということは体調が悪いなどの可能性を疑うほうが得策です。もし、水草を食べてほしくない方は水草をアナカリスなどの葉が柔らかいのから、アヌビアス・ナナなどの葉が厚いものにすることで食べるリスクを軽減することはできますが、あくまでも応急処置でいつかは食べられると思っておいたほうが良いでしょう。見た目などの問題で、絶対に食べられたくない方は生のものではなく造花なども選択肢に入れると良いでしょう。造花であれば、金魚も美味しくないと分かり食べなくなります。最近の造花は、一昔前のに比べると本物と遜色が無いものも増えてきているので候補に入れてみてください。

関連記事

金魚を飼い始めると、まず最初の壁がエサをどのくらいのタイミングであげればいいのかがわからないということです。なので、今回はエサのあげかたについての説明をしていきたいと思います。 エサのあげ方 エサをあげる時間帯 金魚やメダ[…]

酸素の補給として

水草は、光合成をすることで酸素を発生させます。この酸素で、金魚は酸素の補充をすることがあります。酸素補給のために水草を入れる方は大抵の場合、エアーポンプが設置できない場所などで金魚を飼育する方が主です。ただし、注意すべき点があり特に池などで金魚を飼育しており水草を大量に入れる方限定ではあるのですが、日光が出ている日中は、水草は光合成をして酸素を発生してくれますが、日が落ちて夜になると水草は生物と同じように呼吸をするので、まれに水中の酸素濃度が少なくなり生き物が酸欠を起こすことがあります。極稀な現象ではあるのですが、ゼロではないので一応水草を入れる量には注意するようにしてください。

関連記事

エアーポンプは、水槽や池などに空気を送り出す器具になります。水中に含まれる酸素濃度が減れば酸素の不足により生物は呼吸が苦しくなります。今回は、エアーポンプの選び方や注意点などを説明をしていきたいと思います。 エアーポンプについ[…]


関連記事

エアレーションは、エアーポンプなどを使用して水中の酸素濃度を保つことを指します。水中の酸素濃度を保つことで酸欠のリスクを減らすことができます。今回は、エアレーションの必要性と注意点について説明していきます。 エアレーションとは[…]

金魚に水草を入れる上での注意点

aquaticplant_4

金魚の水槽に水草を入れる上で注意すべき点は、エサとして食べさせるのかどうかを水草を購入する際に考えておくことです。全く知らずに金魚に水草を入れると数日後に葉がなくなっているのは、金魚あるあるなので不思議なことではありません。また、金魚に水草を入れる方は水草は消耗品だと思っていらっしゃる方もいるくらいなのでそういう風に思ってもらえれば気が楽になります。金魚に水草を入れる際には、他の観賞魚ではあまり起こらないことが起こります。金魚は、他の観賞魚に比べて水質が悪化する可能性が高い種類なので、必然的に水草も苔などにより汚れることがあるので、こまめに綺麗にするようにしてください。金魚を飼っている方の中には、長期的にエサなどをあげることができない方などは前もって水草などをいれておきエサの代用として使用する方も少ないのでうまく使うと最高の存在になります。

最新情報をチェックしよう!