知って損なし金魚の種類20選

金魚といえば、夏に縁日や祭りなどで、見る金魚すくいの金魚が金魚だと思っている方がとても多く金魚に沢山の種類があることを知っている方は非常に少ないでしょう。そして金魚一種類一種類に特徴があり、金魚の醍醐味がそこにあると言っても過言ではないほどです。

金魚の分け方

和金型

和金型は、他のグループに比べてフナや鯉など祖先に近い特徴を持っています。例えば、体が細身であることや成長するペースが早いのも一つの特徴です。和金型に属する金魚は以下の種類です。

琉金型

琉金型は、他のグループに比べて尾びれに特徴が出る種類が多いです。そして、琉金型の金魚は、日本人に最も親しまれている金魚の特徴を持っています。琉金型に属する金魚は以下の種類です。

オランダ型

オランダ型は、琉金型の特徴を受け継ぎつつさらに、頭の周りに肉瘤(にくりゅう)といわれるボコボコしたものが出てくるのが特徴です。他のグループに比べて、体の色などに特徴がある種類が多いのも特徴です。オランダ型に属する金魚は以下の種類です。

ランチュウ型

ランチュウ型は、他のグループと比べてまず、背びれがないのが最大の特徴です。そして、見た目が面白い種類が多いグループでもあります。ランチュウ型に属する金魚は以下の種類です。

和金(ワキン)

和金とは

gftype_2
gftype_3

和金は、金魚の中でも最も知られている金魚の一つです。よく金魚すくいなどで泳いでいる金魚は和金であることが多いです。和金は、金魚の歴史の中でも最も古くからいる品種の一つです。起源は、中国ですが日本でも飼育、繁殖が最も古くから行われてきました。比較的、金魚の中では初心者からでも買いやすくまた、飼育も容易であることが特徴です。丁寧に、飼育してあげれば10年以上生きることもあります。個体の大きさは、全長が30センチほどに育つこともあります。

関連記事

和金は、金魚の中でも知られている金魚の一つです。フナのような見た目をしていますが、飼い方はどのようにすれば良いのかわからない方も多いです。今回は、和金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 和金とは 和金[…]

朱文金(シュブンキン)

朱文金とは

gftype_4
gftype_5

朱文金は、三色出目金と和金の交配によって、明治時代に日本で作出されたキャリコの品種です。和金よりも、尾びれが長く柄がキャリコであるのが特徴です。朱文金も、和金と同じく初心者でも買いやすく飼育も容易であります。個体の大きさは、和金と同じく全長30センチほどになります。

関連記事

朱文金は和金型の金魚の一つです。体の柄とスマートな見た目が特徴的な金魚です。朱文金の飼い方や楽しみ方がいまいちわからない方も少ないです。今回は、朱文金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 朱文金とは 朱[…]


関連記事

ブリストル朱文金はイギリスから輸入されてきた金魚です。朱文金との違いや飼い方のコツを知っている方は比較的少ない種類です。今回は、ブリストル朱文金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 ブリストル朱文金とは […]

コメット

コメットとは

gftype_6
gftype_7

コメットは、アメリカに渡ったフナと琉金の交配によってできたと言われています。体型は、和金や朱文金とあまり変わらないが、ヒレがとても大きく特に、尾びれは長いもので体全体の3分の1が尾びれで占めることもあります。コメットも、和金や朱文金と同じく初心者でも買いやすく、飼育も容易であることが特徴です。個体の大きさも、全長が30センチ〜50センチほどに育つこともあります。

関連記事

コメットはアメリカから輸入されてきた金魚です。コメットは、頭から尾びれの先端までがスラリと伸びたとても美しい金魚です。今回は、コメットの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 コメットとは コメットは、日本[…]

地金(ジキン)

地金とは

gftype_8
gftype_9

地金は、和金の突然変異を固定したもので、古くから名古屋周辺の地域で飼育されてきました。体型は、和金のなどと似ているのですが、尾びれは「くじゃく尾」と呼ばれる独特の尾びれを持っています。和金などと、大きく違うのが飼育が難しく、愛知県の天然記念物に指定されているので、入手するのはとても難しいです。

関連記事

地金は名古屋などを中心に古くから飼育・保存がされている金魚です。そして、孔雀尾や六鱗など他の金魚にはない特徴を持った珍しい金魚です。今回は、地金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 地金とは 地金は、名[…]


関連記事

オーロラは、地金と東錦を交雑させて生まれた江戸地金をより美しくしようと朱文金と交雑させた結果生まれた和金型の金魚になります。今回は、オーロラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 オーロラとは オーロラと[…]


関連記事

東海錦は尾ビレが蝶尾で体色が地金が持っている六鱗模様を引き継いでいる金魚です。地金と蝶尾の特徴を併せ持ち非常に美しい金魚になります。今回は、東海錦の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 東海錦とは 東海錦[…]

琉金(リュウキン)

琉金とは

gftype_10
gftype_11

琉金は、和金と並び日本人に親しみがある金魚の一つです。中国が起源で、琉球(沖縄)を経て日本に入ってきたとされており、その際に琉金と名前がつけられたと言われています。体型は、背中が大きく曲がり腹部も丸く膨らんで、横から見るとほぼ球体に見えます。そして、尾びれは長く、特に三つ尾、四つ尾などは特に優雅で人気が高いです。飼育は、あまり難しくなく入手も容易です。

関連記事

琉金は中国から日本に入ってきた尾ビレに特徴を持った金魚です。日本で金魚というとまず想像する金魚の一つです。今回は、琉金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 琉金とは 琉金は、中国で和金の変異種として生ま[…]


関連記事

ショートテール琉金は通常の琉金に比べて尾ビレの長さが短い金魚です。近年中国で人気になり日本に入ってきた金魚の一つです。今回は、ショートテール琉金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 ショートテール琉金とは […]


関連記事

桜琉金は紅白の透明鱗を持った金魚の体色でいうと桜色の特徴を持った金魚です。普通鱗の金魚と違い独特の見え方がします。今回は、桜琉金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 桜琉金とは 桜琉金は、紅白の透明鱗を[…]

キャリコリュウキン

キャリコリュウキンとは

gftype_12
gftype_13

キャリコリュウキンは、日本で作られ三色出目金と琉金の交配によってできました。体型やヒレの形などは琉金によく似ていますが、体の色が赤・白・黒などの色が入っているのが特徴です。飼育の仕方としては、琉金とあまり変わらないので容易であるといえます。入手も容易であるといえます。

関連記事

キャリコ琉金は琉金の体型を持っている体の色が三色の金魚です。琉金から派生した金魚としては有名な金魚です。今回は、キャリコ琉金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 キャリコ琉金とは キャリコ琉金は、三色出[…]

土佐金(トサキン)

土佐金とは

gftype_14
gftype_15

土佐金は、江戸時代に琉金から淘汰(はいじょ)された金魚です。一時期は、絶滅したと思われていたほどの珍しい金魚です。土佐とのもあり、高知県で作られ今でも高知の愛好家の間で飼育されています。体型は、琉金に似ていますが尾びれが独特のそり尾になっています。高知県の天然記念物に指定されており、入手するのが難しい品種です。飼育や繁殖も、非常に難しいです。

関連記事

土佐金は高知県で生み出された国産金魚の代表格で高知県の天然記念物になっています。最大の特徴は独特の形をした尾ビレです。今回は、そんな土佐金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 土佐金とは 土佐金は、大阪[…]

出目金(デメキン)

出目金とは

gftype_16
gftype_17

出目金は、金魚すくいなどで見たことがある人もいると思います。中国から明治になって入って来たと言われています。体型や尾びれなどは琉金に似ています。そして、名前でも示してあるように目が大きく横に飛び出しているのが大きな特徴です。出目金は、体の色によって呼び方が変わります。黒い出目金は「クロデメ」、赤い出目金は「アカデメ」、その他の「サンショクデメキン」に分けられています。出目金の原型は、赤い出目金なのですが黒い出目金の方が価値があり入手も簡単です。飼育は、簡単なのですが他の種類の金魚と一緒に入れると、目の部分傷ついたりする可能性が高いので気をつけた方がいいです。

関連記事

出目金は名前からわかるように左右の目が飛び出している金魚です。金魚の中でも知名度はトップクラスの金魚ですが、さまざまな体色をもった魅力的な金魚であることを知っている方は少ないです。今回は、出目金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたい[…]


関連記事

蝶尾出目金は体型などは出目金なのですが、尾ビレが通常の出目金と違いアゲハ蝶が羽を広げたような尾ビレを持った金魚です。蝶尾の美しさは他の尾ビレとまた違った魅力を放っています。今回は、そんな蝶尾出目金の特徴と飼い方を詳しく説明していきた[…]

和蘭獅子頭(オランダシシガシラ)

和蘭獅子頭とは

gftype_18
gftype_19

和蘭獅子頭は、琉金の突然変異であると言われています。オランダという名は、中国から長崎の出島を通り伝わったのでその当時の外国生まれという意味のオランダが名前につきました。和蘭獅子頭の特徴は頭にある肉瘤(にくりゅう)です。頭部が膨らみ、三つ尾か四つ尾の尾びれが体長と同じくらいまで長く伸びます。入手は簡単で、飼育もそれほど難しくはないです。

関連記事

和蘭獅子頭は尾びれと頭の肉瘤に特徴を持った金魚です。体の色・頭の肉瘤の大きさ・尾びれの広がり方によってさまざまな楽しみ方が出来る金魚です。今回は、和蘭獅子頭の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 和蘭獅子頭とは […]


関連記事

花房は鼻の鼻孔褶(びこうしゅう)という部分が肥大化して大きな房状に発達する金魚です。他の金魚に比べてインパクトはありますがあまり知られていないのが現状です。今回は、花房の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 花房と[…]

東錦(アズマニシキ)

東錦とは

gftype_20
gftype_21

東錦は、日本産で和蘭獅子頭と三色出目金を交配してできました。体型などは、和蘭獅子頭によく似ていますが、体の色が三色出目金と同じく赤・白・黒などの色です。入手するのは難しくないですが、飼育するのは少し難しいです。

関連記事

東錦は体型は和蘭獅子頭と同じですが、体色が三色(キャリコ)の金魚です。和蘭獅子頭とは、また違った魅力や楽しみ方があり一匹一匹に個性がある金魚です。今回は、東錦の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 東錦とは […]

丹頂(タンチョウ)

丹頂とは

gftype_22
gftype_23

丹頂は、中国から入ってきた金魚です。体型は、和蘭獅子頭や東錦に似ていますが、頭部の肉瘤の色が赤く体の色が白いのが特徴です。この特徴が、丹頂鶴に似ていたことから「丹頂」という名前がつけられました。背びれがない個体おり、このタイプは「紅頭魚」などと呼ばれることがあります。入手・飼育はさほど難しくありません。

関連記事

丹頂は体型は和蘭獅子頭と同じですが、頭の上の肉瘤の部分のみが赤くそれ以外の部分が白いという独特の体色を持った金魚です。頭の赤い部分と体の白い部分のバランスなどの美しさが他の金魚と大きく違います。今回は、丹頂の特徴と飼い方を詳しく説明[…]

青文魚(セイブンギョ)

青文魚とは

gftype_24
gftype_25

青文魚は、中国から入ってきた金魚です。頭部に肉瘤があり、体型などは和蘭獅子頭に似ています。体色は、青みを帯びた淡い黒です。羽衣という別名で呼ばれることもあります。入手するのは、難しいですが飼育はあまり難しくありません。

関連記事

青文魚は全身が青みがかかった青灰色の体色をした金魚です。金魚の世界で唯一無二の色だと言っても過言ではありません。今回は、青文魚の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 青文魚とは 青文魚は、全身が青みがかか[…]

茶金(チャキン)

茶金とは

gftype_26
gftype_27

茶金は、中国から入ってきた金魚です。中国では、紫魚と呼ばれていますが、体色は茶褐色あるいは赤褐色で、チョコレートオランダという別名もあります。青文魚と同じように、日本人が想像している金魚の色とは似ても似つかないところがあります。体型は、琉金に似ているものや和蘭獅子頭に似ているものもいます。後者のほうは、頭部に肉瘤があるのが特徴です。入手は少し難しく、飼育はあまり難しくはありません。

関連記事

茶金は体色が茶褐色というとても渋い色をしている金魚です。他の金魚に比べて地味ではありますが、そのぶんとても珍しい色だといえます。今回は、茶金の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 茶金とは 茶金は、体色が[…]

珍珠鱗(パールスケール)

珍珠鱗とは

gftype_28
gftype_29

パールスケールは、戦後中国から日本に輸入されて日本で生産されるようになった金魚です。通称「中国金魚」と呼ばれるなかの一つです。スケールとは、ウロコのことでウロコ一枚一枚に石灰質が付着して半球状に膨らんで白くなり、真珠のようになるのが特徴です。体型は、琉金と似ていますが尾びれがあまり長くなりません。入手は、あまり難しくありませんが、真珠状のウロコは一度剥がれると再生しないので、飼育する際は注意しておかなければいけません。

関連記事

パールスケールは真珠のように白い鱗を持った金魚です。真珠のような鱗以外に可愛い特徴を持ちさまざまな楽しみ方ができる金魚です。今回は、パールスケールの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 パールスケールとは […]


関連記事

ピンポンパールは見た目が卓球に使うピンポン玉のように丸みを帯びている金魚です。その体型から女性や子供にも人気がある品種で金魚の品種の中でも人気があります。今回は、ピンポンパールの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 […]


関連記事

高頭パールの肉瘤が発達しているパールスケールで頭にはオランダ型の金魚に見られる肉瘤があり胴体の鱗は真珠のように美しい鱗がある金魚です。今回は、高頭パールの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 高頭パールとは […]


関連記事

浜錦は高頭パールの中から頭部の肉瘤が水泡状の個体を固定化させた金魚になります。体の側面は高頭パールから受け継いだパールがあり、頭部には二つに別れた水泡状の肉瘤がついているのが特徴的です。今回は、浜錦の特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

蘭鋳(ランチュウ)

蘭鋳とは

gftype_30
gftype_31

ランチュウは江戸時代に中国から渡来してきて、その後日本で改良されてきました。体型は、筒型ですがやや細い小判型(丸手)と丸みを帯びて楕円形になる(長手)2タイプがあります。背びれがないのも特徴の一つです。頭部には、みごとな肉瘤があります。体色は赤、白、更紗などがあり、どの色にも独特の光沢があります。よく「金魚の王様」と呼ばれ、各地に愛好会があります。入手は簡単ですが、飼育は難易度が高めです。

関連記事

蘭鋳はオランダ獅子頭などと同じように頭に発達した肉瘤を持つ金魚なのですが、他の金魚と違い背びれがないのが特徴な金魚です。今回は、蘭鋳の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 蘭鋳とは 蘭鋳(ランチュウ)は、[…]


関連記事

大阪らんちゅうはランチュウや南京などの品種と同じく丸子(マルコ)をルーツに持つランチュウ系統の中でも古い分類にはいる金魚です。今回は、大阪らんちゅうの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 大阪らんちゅうとは […]


関連記事

秋錦はランチュウ系統のように背びれがなくそのほかの部分はオランダシシガシラの特徴を引き継いでいる金魚になります。今回は、秋錦の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 秋錦とは 秋錦は、ランチュウ系統のように[…]


関連記事

麁の華は背びれがないオランダシシガシラと大阪らんちゅうとの交配により生まれ、成長すると尾びれが長くなりスマートで美しい金魚になります。今回は、麁の華の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 麁の華とは 麁の[…]


関連記事

津軽錦は背びれがなく尾びれが長く幅が大きく頭部の肉瘤はほとんど出ません。しかし津軽錦には他の品種にはない特徴を持ち合わせている金魚です。今回は、津軽錦の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 津軽錦とは 津[…]


関連記事

もみじらんちゅうは透明鱗のオレンジ・赤の体色を持つらんちゅうの変異個体種です。もみじらんちゅうは通常の透明鱗とは違う網透明鱗性という特殊な鱗をもっています。今回は、もみじらんちゅうの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 […]


関連記事

ライオンヘッドは中国で作出された金魚で中国金魚の代表格です。ランチュウ系統に見られるような背びれの欠加しており肉瘤が異常に発達するのが特徴的です。今回は、ライオンヘッドの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 ライオ[…]

南京(ナンキン)

南京とは

gftype_32
gftype_33

南京は、ランチュウの地方変種です。現在は、島根県の出雲地方で保存されています。肉瘤はなく、体色は頭部やヒレなどに赤が入る白更紗か白一色がいます。島根県の天然記念物に指定されており、入手するのは非常に難しいです。

関連記事

南京はランチュウのように背びれがなくお腹周りも丸いが、頭部の肉瘤がないという特徴を持った金魚です。今回は、南京の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 南京とは 南京は、ランチュウのように背びれがなくお腹周[…]

江戸錦(エドニシキ)

江戸錦とは

gftype_34
gftype_35

江戸錦は、日本でランチュウと東錦を交配して作られました。体型は、ランチュウ型で背びれはありません。体色は、東錦のような赤・白・黒などのあります。尾びれは、三つ尾か四つ尾です。入手は、やや難しく飼育はランチュウ同様に難易度が高めです。

関連記事

江戸錦はランチュウのように背びれがなくお腹周りも丸いが、頭部の肉瘤がないという特徴を持った金魚です。今回は、江戸錦の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 江戸錦とは 江戸錦は、ランチュウと東錦を交配し固定[…]

桜錦(サクラニシキ)

桜錦とは

gftype_36
gftype_37

桜錦は、日本で江戸錦のメラニン色素が抜けた個体を固定化させた品種になります。体型は、ランチュウ型で背びれはありません。体色は、モザイク透明鱗の紅白で全体的に淡いピンク色をしています。入手は、やや難しく飼育はランチュウ同様に難易度が高めです。

関連記事

桜錦は体型などはランチュウとあまり変わらないのですがランチュウと大きく違うのが、モザイク透明鱗の特徴も持った紅白更紗の鱗です。今回は、桜錦の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 桜錦とは 桜錦は、体型など[…]

頂点眼(チョウテンガン)

頂点眼とは

gftype_38
gftype_39

頂点眼は、中国から渡来した金魚です。赤出目金の突然変異を固定したものです。飛び出た目は、他の出目金と違い、真っ直ぐに天を見てます。体型は、細長く筒型で背びれがありません。体色は、赤や黄金色、更紗などがあります。出目金と同じくおとなしく遊泳力があまりないために、いつも底のほうでじっとしています。入手は、簡単で飼育も目が傷つきやすいので傷つかないように気をつければ簡単です。

関連記事

頂天眼はランチュウ系統に見られる背びれがない特徴を持ち出目金のように目が飛び出しているが頂点眼は黒目が上(頂点)を向いている金魚です。今回は、頂天眼の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 頂天眼とは 頂天[…]

水泡眼(スイホウガン)

水泡眼とは

gftype_40
gftype_41

水泡眼は、中国から入ってきた金魚です。目の下にリンパ液が詰まった大きな袋をぶら下げているため、目は飛び出して上を向いています。変わった金魚が多い中国金魚の中でも奇妙さでは最も目を引く種類です。体型は、やや丸いために「リュウキン型」に分類されることもあります。背びれはなく、尾びれは三つ尾か四つ尾です。入手は簡単ですが、飼育する時は、目の下の袋が一度傷ついてしぼんでしまうと二度と元の大きさには戻らないので気をつけてください。

関連記事

水泡眼はランチュウ系統に見られる背びれがない特徴を持ち、目の下部分(頬の辺り)に水泡状の袋を持ちその袋によって通常横方向に付いている黒目の部分が上を向いている金魚です。今回は、水泡眼の特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]

最新情報をチェックしよう!