シャドーシュリンプの特徴と飼い方

シャドーシュリンプは、東アジアにある台湾が原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビで、赤と白や黒と白などの色を模様に持っているのが特徴的なエビになります。その鮮やかな体色で非常に人気が高いエビになります。今回は、そんなシャドーシュリンプの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

シャドーシュリンプとは

shadow_2

シャドーシュリンプは、エビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビになります。シャドーシュリンプの原産地は、東アジアにある台湾になります。シャドーシュリンプの体色は、赤と白や黒と白などの色を模様に持っているのが特徴的です。シャドーシュリンプは、よくレッドビーシュリンプと比較されることがあります。その違いは、全体的に透き通るような透明感を持っており独特な艶(ツヤ)があるのがシャドーシュリンプになります。レッドビーシュリンプの方は、色味がはっきりと出ています。シャドーシュリンプには、色の組み合わせや模様によって名前がつけられています。例えば、真っ赤な体色に透明感と艶が入っている「レッド・シャドーシュリンプ」や綺麗なターコイズブルーと白色の組み合わせがキレイな「ターコイズ・シャドーシュリンプ」などがいます。

関連記事

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。熱帯魚の分類カ[…]


関連記事

レッドビーシュリンプは、香港、台湾などの東アジアが原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビで、赤と白の横縞模様が特徴的なエビになります。その鮮やかな体色で非常に人気が高いエビになります。今回は、そんなレッドビーシュリンプ[…]


関連記事

オニヌマエビは、フィリピンなどの東南アジアが原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科オニヌマエビ属のエビで、茶色に近い色をしており地味な体色をいるエビになります。今回は、そんなオニヌマエビの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]




シャドーシュリンプの飼い方

シャドーシュリンプは、飼育するのが少し難しい品種になります。シャドーシュリンプの寿命は、約1〜2年になります。また、体の大きさは約2〜3cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱アルカリ性から中性を好み、pHであれば6.0~8.0を特に好みます。シャドーシュリンプは、元々温暖な地域を好んで生息していた事から熱帯魚と同じように冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

shadow_3

混泳については、シャドーシュリンプの性格は、温和な性格になります。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはシャドーシュリンプがやられてしまい、ケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。また、シャドーシュリンプ自体が小型のため金魚や熱帯魚の一部と混泳させた場合に捕食されてしまう場合があるので注意が必要になります。シャドーシュリンプと混泳させるのにオススメの品種としては、メダカ全般やネオンテトラなどのカラシン系やアカヒレなど小型の魚になります。シャドーシュリンプと混泳させる品種の相性が分からない場合には、水草をいれて隠れる場所を作ってあげるなどの対策を取るようにしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。ネオンテトラとはネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

シャドーシュリンプを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。シャドーシュリンプのオス・メスの見分け方は、オスの方がオスの方が細身で触覚が長く、尾の開き(尾肢)が小さいです。それに比べてメスは、腹部が丸みを帯びており触覚が短く、尾肢が大きいのが特徴的です。シャドーシュリンプを繁殖させる上で大切なのが水温と水質を整える事です。まず水温は、25℃〜27℃にするようにしてください。また、水質については中性に近い酸性の水が理想ですがシャドーシュリンプが生活できる水質であれば繁殖してくれます。シャドーシュリンプは、産卵床や水草などに卵を付着させるので水槽などに産卵床や水草などを入れておくようにしてください。孵化した稚魚を、親(大人)と別の水槽で飼育する必要はありませんが、大人のオスが稀に稚魚を襲うことがあるので一応隠れ家になるような場所を作ってあげるようにしてください。また、シャドーシュリンプの稚魚は非常に小さいため水質を安定させるために使用している濾過器などの吸込口に吸い込まれて逃げることが出来ずに死んでしまう事もあるので、濾過器などを使用する際には吸込口に網目が細かいスポンジ使うなどの対策をとってください。もし面倒な場合には、ガーゼなどの布を吸込口に巻くだけも変わるのでオススメです。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

シャドーシュリンプを飼う際の注意点

shadow_4

シャドーシュリンプは、少し癖はありますが混泳がしやすい点などからオススメの品種になります。シャドーシュリンプで、難しいと言われるのは水温の変化にあります。シャドーシュリンプは、冬はヒーターを使う方が大半です。熱帯魚と同じでヒーターを使用することで死亡リスクは減らすことが出来ます。しかし、シャドーシュリンプを飼育している上で一番死んでしまう季節は夏になります。シャドーシュリンプを、熱帯魚と同じように飼育している方からしたら困るポイントになります。熱帯魚は、夏場に死ぬことは少ないからです。シャドーシュリンプが夏場に弱い原因として、水温が高い水が苦手ということが上がります。28℃以上になると、溶けていく現象が起こることがあります。そのため、熱さによっていつの間にか数が減少している事が起こりますので、水温は出来るだけ27℃以下に抑えるようにしてください。夏場は、湿度が低い場所などで飼育する事で水温の上昇を防ぐことが出来るのでオススメです。またシャドーシュリンプを含めたエビ類は、薬品類に非常に弱いので水草についた農薬などでも死んでしまう事が少ないので水草などを入れる際には注意が必要です。シャドーシュリンプは、そのような苦労する部分はありますが鮮やかな体色と、かわいい見た目から非常に人気が高いです。シャドーシュリンプに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

関連記事

専門店やネットなどで購入した水草の中には農薬が付着した物も存在します。農薬が付着した状態で生き物が入っている水槽などに投入すると生き物が弱る場合などが起こる可能性があります。今回は、水草に付着した農薬について説明していきます。[…]

最新情報をチェックしよう!