ノソブランキウス・ラコビーの特徴と飼い方

ノソブランキウス・ラコビーは、アフリカ南部のモザンビーク共和国が原産でカダヤシ目ノソブランキウス科ノソブランキウス属の熱帯魚で、体色はオレンジ色と格子模様のようにメタリックブルーの色を基調として、尾ビレにグリーン、ブルー、レッド、オレンジ、ブラックなど様々な色を持っています。今回は、そんなノソブランキウス・ラコビーの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ノソブランキウス・ラコビーとは

nothobranchius_2

ノソブランキウス・ラコビーは、カダヤシ目ノソブランキウス科ノソブランキウス属の熱帯魚になります。ノソブランキウス・ラコビーの原産地は、アフリカ南部のモザンビーク共和国になります。ノソブランキウス・ラコビーの体色は、オレンジ色と格子模様のようにメタリックブルーの色を基調として、尾ビレにグリーン、ブルー、レッド、オレンジ、ブラックなど様々な色が出てきます。その美しい体色から、人気が高い熱帯魚になります。

関連記事

ラスボラ・エスペイは、東南アジアのタイ、マレーシア、インドネシアが原産でコイ目コイ科トリゴノスティグマ属の熱帯魚で、オレンジ色を基調として体の側面に黒い模様が入っているのが特徴的な美しい熱帯魚です。今回は、そんなラスボラ・エスペイの[…]


関連記事

ミクロラスボラ・ハナビは、東南アジアのミャンマーにあるサルウィン川が原産でコイ目ドジョウ科セレスティクティス属の熱帯魚で、体色はダークブルーの基調として明るい黄色の斑点模様を持っている非常に美しい熱帯魚です。今回は、そんなミクロラス[…]


関連記事

オリジアス・ウォウォラエは、東南アジアのインドネシア共和国が原産でカダヤシ目カダヤシ科の熱帯魚で、体色はメタリックブルーを基調に胸ビレや尾びれに鮮やかなオレンジ・赤色があり、腹部から喉元にかけて真っ赤になります。今回は、そんなオリジ[…]


関連記事

クラウンキリーは、西アフリカのギニア共和国やリベリア共和国が原産でカダヤシ目ノソブランキウス科エピプラティス属の熱帯魚で、体色は茶色を基調に黒色の帯が体の側面に縦線が入っており尾びれは赤色、青色、黄色ととてもカラフルな色をしています[…]


関連記事

サザンプラティフィッシュは、北アメリカ・中央アメリカにあるメキシコ合衆国やグアテマラ共和国が原産でカダヤシ目カダヤシ科クシフォフォルス属の熱帯魚で、体全体が赤い種類や頭部や腹部以外の部分が黒く染まる種類などがいます。今回は、そんなサ[…]

ノソブランキウス・ラコビーの飼い方

ノソブランキウス・ラコビーは、少し癖がある品種のため中級程度の難易度になります。ノソブランキウス・ラコビーの寿命は、約1〜2年になります。また、体の大きさは約6cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から弱アルカリ性を好み、pHであれば6.0〜7.0を特に好みます。。ノソブランキウス・ラコビーは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。ノソブランキウス・ラコビーは、水質に非常に繊細な品種になります。特に雑菌(病原菌など)に敏感で、水質のバランスが悪くなるとすぐに病気になることが多いので、ろ過器を使用し水質を安定させて水換えなどを、こまめに行うなどの対策を取るようにしてください。なので、ノソブランキウス・ラコビーを飼育する際には、他の品種に比べて手間がかかることが多いので、それを知って飼育することをオススメします。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

nothobranchius_3

混泳について、ノソブランキウス・ラコビーの性格は、大人しい性格になります。。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはノソブランキウス・ラコビーがやられてしまい、ケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。ノソブランキウス・ラコビーと混泳させるのにオススメの品種としては、ネオンテトラなどのカラシン系やアカヒレなど小型の魚になります。中型の熱帯魚(エンゼルフィッシュ等)などと入れる際には、ノソブランキウス・ラコビーが追いかけられてケガなどをしないように、水草をいれて隠れる場所を作ってあげるなどの対策を取るようにしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 ネオンテトラとは ネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 […]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

ノソブランキウス・ラコビーを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。しかし、ノソブランキウス・ラコビーの繁殖の難易度は難しい方に入ります。それはノソブランキウス・ラコビーを繁殖させる際に、ピートモスを使用する点などからです。何故かと言うと自然の環境下では泥に深く潜り産卵することで知られ、水槽内でもピートモスの中に潜ります。そして、一ヶ月ほどしてノソブランキウス・ラコビーが卵を産み付けられるのを待って、その後卵を休眠保管する必要があります。休眠保管は、卵の付いたピートモスごとビニールに入れて多少湿った状態で、25℃前後で約4カ月ほど保管します。その期間が終わる頃に、卵に金色の目のようなものが見えたら水に浸けるようにしてください。そうしていると、卵から稚魚が孵化してきます。その後孵化してからは、他の熱帯魚同様に一日に数回エサを上げるようにしてあげることが大切になります。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。 産卵の時期 金魚の産卵の時期は[…]

ノソブランキウス・ラコビーを飼う際の注意点

nothobranchius_4

ノソブランキウス・ラコビーは、混泳がしやすい点などがあるのですが、繁殖の難しさや高価な点から初心者の方やあまり熱帯魚に詳しくない方などには少し難しい部分もあります。ノソブランキウス・ラコビーは、流通量や扱っている専門店が少ないので値段が他の小型の熱帯魚に比べて高い傾向にあります。しかし、それ以上に美しい体色を持っています。また、ノソブランキウス・ラコビーは一度は飼育してみたい熱帯魚としても有名な品種になります。なので、ノソブランキウス・ラコビーを専門店などで目にする機会があったら、ぜひ一度見てみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!