クラウンキリーの特徴と飼い方

クラウンキリーは、西アフリカのギニア共和国やリベリア共和国が原産でカダヤシ目ノソブランキウス科エピプラティス属の熱帯魚で、体色は茶色を基調に黒色の帯が体の側面に縦線が入っており尾びれは赤色、青色、黄色ととてもカラフルな色をしています。今回は、そんなクラウンキリーの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

クラウンキリーとは

annulatus_2

クラウンキリーは、カダヤシ目ノソブランキウス科エピプラティス属の熱帯魚になります。クラウンキリーの原産地は、西アフリカのギニア共和国やリベリア共和国になります。クラウンキリーの体色は、茶色を基調に黒色の帯が体の側面に縦線として入っています。また、尾びれは赤色、青色、黄色ととてもカラフルな色をしています。クラウンキリーの目は、青く輝いています。クラウンキリーの「クラウン」は、王冠と言う意味ではなく道化師という意味になります。また「クラウンキリー」は、別名として「ロケットフィッシュ」という名も持っています。「ロケットフィッシュ」の由来は、尾びれの色が火を噴いている用に見えたことから付けられました。

関連記事

ラスボラ・エスペイは、東南アジアのタイ、マレーシア、インドネシアが原産でコイ目コイ科トリゴノスティグマ属の熱帯魚で、オレンジ色を基調として体の側面に黒い模様が入っているのが特徴的な美しい熱帯魚です。今回は、そんなラスボラ・エスペイの[…]


関連記事

ミクロラスボラ・ハナビは、東南アジアのミャンマーにあるサルウィン川が原産でコイ目ドジョウ科セレスティクティス属の熱帯魚で、体色はダークブルーの基調として明るい黄色の斑点模様を持っている非常に美しい熱帯魚です。今回は、そんなミクロラス[…]


関連記事

オリジアス・ウォウォラエは、東南アジアのインドネシア共和国が原産でカダヤシ目カダヤシ科の熱帯魚で、体色はメタリックブルーを基調に胸ビレや尾びれに鮮やかなオレンジ・赤色があり、腹部から喉元にかけて真っ赤になります。今回は、そんなオリジ[…]



クラウンキリーの飼い方

クラウンキリーは、飼育するのが簡単な品種になります。クラウンキリーの寿命は、約2〜3年になります。また、体の大きさは約4cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み(特に軟水を好む)、pHであれば6.0〜7.0を特に好みます。クラウンキリーは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

annulatus_3

混泳について、まずクラウンキリーの性格は、穏やかな性格になります。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはクラウンキリーがやられてしまい、ケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。クラウンキリーと混泳させるのにオススメの品種としては、ネオンテトラなどのカラシン系やアカヒレなど小型の魚になります。またネオンテトラなどの群泳で泳ぐ種類と入れておくと、クラウンキリーも一緒に群泳して泳ぐことがあります。中型の熱帯魚などと入れる際には、クラウンキリーが追いかけられてケガなどをしないように、水草をいれて隠れる場所を作ってあげるなどの対策を取るようにしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 ネオンテトラとは ネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 […]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

クラウンキリーを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。クラウンキリーを繁殖させる際には、まとまった数を水槽などに飼育しておくと比較的簡単に行えます。クラウンキリーのオス・メスの見分け方は、オスの方は、尾ビレの色が赤色、青色、黄色などのカラフルの色をしています。メスの方は、尾びれに特に色があるわけではなく透明色になります。また、他にもオスの方には、「背ビレが黒色」「尻ビレが黒色」というようにオスの方が色鮮やかになります。ですので、もしオス・メスを見分ける際には、キレイな個体がオスであることが多いです。そして、オス・メスがしっかり入っていることを確認したら卵を付着させるための水草です。クラウンキリーの繁殖に向いている水草として、ウィローモスやリシアなどの水草をオススメします。卵は非常に小さいので日々水草の表面などを確認し、もし卵があった場合には、まず大人とは別の水槽に入れるようにしてください。その後孵化してからは、他の熱帯魚同様に一日に数回エサを上げるようにしてあげることが大切になります。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。 産卵の時期 金魚の産卵の時期は[…]

クラウンキリーを飼う際の注意点

annulatus_4

クラウンキリーは、飼育しやすい点や混泳がしやすい点などからオススメの品種になります。初心者の方やあまり熱帯魚に詳しくない方も挑戦してみる品種としてはオススメです。また、水槽があまり大きくない方にもオススメです。それは、クラウンキリーの体色が色鮮やかであるため一匹でも見栄え良く見せることができるからです。クラウンキリーを飼育する上で、注意すべき点として専門店などで購入して水槽に入れた際に色が薄くなっている場合があります。クラウンキリーは、水質の変化や水温の変化などのストレスを感じると、体色が薄くなる事がありますが、変化に慣れてくると徐々に、体色は元に戻ってきます。もし、クラウンキリーを専門店などで目にする機会があったら、ぜひ一度見てみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!