イタセンパラの特徴と飼い方

イタセンパラは、日本の濃尾平野、富山平野北西部、琵琶湖淀川水系に生息しているコイ目コイ科タナゴ属で、繁殖期に鮮やかな赤紫色のお腹になる川魚です。またイタセンパラは日本国指定の天然記念物になっており、絶滅危惧種になっている種類になります。今回は、そんなイタセンパラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

イタセンパラとは

longipinnis_2

イタセンパラは、コイ目コイ科タナゴ属に属しています。イタセンパラの生息地は、岐阜県から愛知県に広がる濃尾平野、富山県の富山平野北西部、滋賀県の琵琶湖淀川水系になります。現在、イタセンパラの生息を確認出来ている場所は3箇所のみになっています。またイタセンパラは日本の固有種に属します。イタセンパラは、近い将来絶滅の危険性が極めて高い「絶滅危惧IA類」に属しています。タナゴ類の中で最も絶滅する可能性が高い種類なります。そのため1995年に国内希少野生動植物種に指定されました。イタセンパラは日本国指定の天然記念物になっている種類になります。イタセンパラは、体高が高く側扁しており板のように平らな見た目をしています。繁殖期に鮮やかな赤紫色のお腹になるので、「板鮮腹(イタセンパラ)」と言う名前が付きました。イタセンパラは、「ビワタナゴ」と言う別名で呼ばれることもあります。

関連記事

イトモロコは、日本の濃尾平野より西の本州、四国地方の北東部、九州北部、長崎県壱岐地方、長崎県五島地方に生息しているコイ目コイ科スゴモロコ属で、銀白色を基調として鱗が金属のような光沢を持っており背中部分に黒色の斑点を持った川魚になりま[…]


関連記事

ウグイは、日本の沖縄を除く日本全国の河川の上流から下流にかけて幅広く生息しているコイ目コイ科ウグイ属で、焦げ茶がかった銀色を基調として側面に黒い横帯が1本入った川魚になります。またスタイリッシュな見た目が魅力的な川魚になります。今回[…]


関連記事

カワバタモロコは、日本の静岡県より西側、徳島県、香川県、福岡県、佐賀県に生息しているコイ目コイ科カワバタモロコ属で、銀白色を基調として背中部分は緑色を帯びた褐色と側面には灰褐色の縦の帯を持った川魚になります。またカワバタモロコは日本[…]

イタセンパラの飼い方

イタセンパラは、飼育の仕方さえ知っていれば飼育は簡単な種類になります。イタセンパラの寿命は、約2〜3年になります。また、体の大きさは約12〜15cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱アルカリ性から中性を好み、pHであれば7.0~8.0を特に好みます。水温は、5~25℃の間であれば生きることが出来ます。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

longipinnis_3

混泳について、まずイタセンパラの性格は、温和な性格になります。そのため、同じタナゴの仲間であるバラタナゴなど中型サイズの種類と混泳させるのもオススメです。ただし混泳させる個体が縄張り意思が強い種類や追いかける種類であればイタセンパラがストレスで弱ってしまう場合があるので注意が必要です。

関連記事

金魚といえば、夏に縁日や祭りなどで、見る金魚すくいの金魚が金魚だと思っている方がとても多く金魚に沢山の種類があることを知っている方は非常に少ないでしょう。そして金魚一種類一種類に特徴があり、金魚の醍醐味がそこにあると言っても過言では[…]


関連記事

メダカを、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体色や柄も違うので何を基準に選べばいいのか迷います。なので、今回はそんなメダカの種類について詳しく説明していきたいと思います。メダカの種類緋メダカ[…]

産卵についてのポイント

イタセンパラを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。イタセンパラは、自然界であれば秋頃産卵します。飼育している場合には、水温が20度前後になったタイミングが産卵の合図になります。産卵の時期になると、オスは腹部が鮮やかな赤紫色に変化します。メスは、卵管と呼ばれる黒い管を尻付近から伸ばします。卵管は場合よっては尾びれの先端に達するほど長くなる場合があります。
タナゴは、メダカや金魚のような他の観賞魚が水草に産卵するのに対して二枚貝に卵を産み付けます。この産卵方法は、タナゴの繁殖に挑戦する上で最大の壁になります。それは、水草と違って二枚貝という生き物を飼育しなければいけないからです。もし、タナゴが産卵した二枚貝が卵が孵化する前に死んだ場合には卵も一緒に死んでしまうからです。また、二枚貝を取り扱っている専門店が水草などに比べて少ないのも苦労するポイントです。タナゴの産卵用の二枚貝として用いられる種類として、マツカサガイ、ドブガイ、カワシンジュガイ、イシガイなどがあります。分からない場合には専門店などで聞いてみるのをオススメします。タナゴを繁殖させたい場合には、まず二枚貝を探す所から始まります。
二枚貝が水槽の中に入っていると、メスは卵管を用いて貝のエラに卵を産み付けます。オスはメスが卵を産み付けた直後に精子をかけて受精させます。産卵してから約3~4日程度で孵化し、1週間程でヨークサック(親からもらった栄養)を消費し、20日程度で1cm程度に成長して、貝から出てきます。この時に稚魚のヒレに貝の子供が付いていることがあリます。タナゴが貝を利用するように、貝もタナゴを利用して生息域を広げるような関係性で成り立っています。卵を産み付けた後の二枚貝をオスが守る事がありますが、稚魚が食べられる事が多いので、水槽などで飼育している場合には産卵を確認したら貝だけを別の水槽に移動する事をオススメします。タナゴの産卵が成功するかどうかは、二枚貝をどれだけ安定して飼育することが出来るかにかかっているので、心配な方や二枚貝と扱いに自信がない方はタナゴが産卵する直前に、専門店で二枚貝を購入するようにすることをオススメします。

イタセンパラを飼う際の注意点

longipinnis_4

イタセンパラは、絶滅危惧になっている固有種の川魚の中でも最も絶滅が危惧されている種類になります。絶滅に追い込まれている原因として、生息環境の悪化(水質汚濁、水路のコンクリート化、ワンドの減少または状態の変化)・外来魚(ブラックバス等)の影響・密漁などが上げられます。現在、各地でイタセンパラの保護事業を行われています。また、イタセンパラは日本国指定の天然記念物になっているので許可なく捕獲して飼育する行為は禁止されています。昔ながらの日本の生態系を考える上では必要不可欠な存在なので教育の面においてもとてもオススメの川魚になります。もしイタセンパラに興味がある方は、ぜひ一度自治体のホームページなどを見てみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!