トランスルーセント・グラスキャットの特徴と飼い方

トランスルーセント・グラスキャットは、東南アジアにあるタイやマレーシアが原産でナマズ目ナマズ科クリプトプテルス属の熱帯魚で、体の色が透明という特徴の熱帯魚になります。今回は、そんなトランスルーセント・グラスキャットの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

トランスルーセント・グラスキャットとは

kryptopterus_2

トランスルーセント・グラスキャットは、ナマズ目ナマズ科クリプトプテルス属の熱帯魚になります。グラスキャットの原産地は、東南アジアにあるタイ王国やマレーシアになります。トランスルーセント・グラスキャットの体色は、透明で骨が丸見えの状態になっています。この特徴的な見た目になったのは、トランスルーセント・グラスキャットが生息している場所の水が透明度が高いからです。もし、体色が派手な色をしていた場合には敵に見つかる可能性が高くなるので、周りの環境に順応していった事で透明な見た目になりました。トランスルーセント・グラスキャットは、ナマズ科である事から下あごの先端に長い二本の髭を伸ばしています。専門店などでは、「グラスキャット」と略して表記している場合が多いです。

関連記事

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。熱帯魚の分類カ[…]


関連記事

グッピーを、専門店に見に行くと輸入産と国産のグッピーが販売されている場合があります。また、グッピーにはたくさんの種類があるので迷ってしまうことが非常に多いです。今回は、そんなグッピーの種類と産地を詳しく説明していきたいと思います。[…]


関連記事

ミクロラスボラ・ハナビは、東南アジアのミャンマーにあるサルウィン川が原産でコイ目ドジョウ科セレスティクティス属の熱帯魚で、体色はダークブルーの基調として明るい黄色の斑点模様を持っている非常に美しい熱帯魚です。今回は、そんなミクロラス[…]


関連記事

オリジアス・ウォウォラエは、東南アジアのインドネシア共和国が原産でカダヤシ目カダヤシ科の熱帯魚で、体色はメタリックブルーを基調に胸ビレや尾びれに鮮やかなオレンジ・赤色があり、腹部から喉元にかけて真っ赤になります。今回は、そんなオリジ[…]

トランスルーセント・グラスキャットの飼い方

トランスルーセント・グラスキャットは、飼育するのが簡単な品種になります。トランスルーセント・グラスキャットの寿命は、約3〜5年になります。また、体の大きさは約10〜15cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば6.5〜7.5を特に好みます。トランスルーセント・グラスキャットは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

kryptopterus_3

混泳について、まずトランスルーセント・グラスキャットの性格は、温和な性格になります。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはトランスルーセント・グラスキャットがやられてしまい、ケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。トランスルーセント・グラスキャットと混泳させるのにオススメの品種としては、ネオンテトラなどのカラシン系やアカヒレなど小型の魚になります。中型の熱帯魚などと入れる際には、トランスルーセント・グラスキャットが追いかけられてケガなどをしないように、水草をいれて隠れる場所を作ってあげるなどの対策を取るようにしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。ネオンテトラとはネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

トランスルーセント・グラスキャットを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。トランスルーセント・グラスキャットのオス・メスを見分けるのは、非常に難しいです。また、トランスルーセント・グラスキャットの生息地では雨季になると大量の雨水が流れてきて、大きく水質が変化し続ける環境です。これを水槽で再現するのが難しいことがあります。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

トランスルーセント・グラスキャットを飼う際の注意点

kryptopterus_4

トランスルーセント・グラスキャットは、飼育しやすい点や混泳がしやすい点などからオススメの品種になります。特に、初心者の方やあまり熱帯魚に詳しくない方にオススメです。また、さまざまな種類を飼育していると全体的に締まりがなくなってくる場合があります。そんな時にも、トランスルーセント・グラスキャットがオススメです。トランスルーセント・グラスキャットは、透明であるために他の種類にはない特徴を持っていますが、派手な色や柄を持っている訳ではないので変に目立つことがないのがいい点になります。水槽の中のアクセントしての使い方もあるので、万人にオススメできる種類になります。最近では、アクアリウムなどをする際にも非常に重宝することが多いのです。トランスルーセント・グラスキャットに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!