グラスフィッシュの特徴と飼い方

グラスフィッシュは、インドや東南アジアが原産でスズキ目タカサゴイシモチ科パランバシス属の熱帯魚で、体の色が透明で骨が丸見えの熱帯魚になります。今回は、そんなグラスフィッシュの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

グラスフィッシュとは

glassfish_2

グラスフィッシュは、スズキ目タカサゴイシモチ科パランバシス属の熱帯魚になります。グラスフィッシュの原産地は、インドや東南アジア(タイやマレーシア)になります。グラスフィッシュの体色は、透明で骨が丸見えの状態になっています。似たような体色を持った「トランスルーセント・グラスキャット」と間違う方も少なくないです。販売されている中には、「カラーラージグラスフィッシュ」という名前で販売されている場合があります。カラーラージグラスフィッシュは、通常のグラスフィッシュ(透明な体色)の背中や腹部に蛍光色素を人工的に入れた色付きのグラスフィッシュになります。後天的に、色を入れているので時間の経過によって色が薄くなることがあります。

関連記事

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。熱帯魚の分類カ[…]


関連記事

トランスルーセント・グラスキャットは、東南アジアにあるタイやマレーシアが原産でナマズ目ナマズ科クリプトプテルス属の熱帯魚で、体の色が透明という特徴の熱帯魚になります。今回は、そんなトランスルーセント・グラスキャットの特徴と飼い方を詳[…]


関連記事

シャドーシュリンプは、東アジアにある台湾が原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビで、赤と白や黒と白などの色を模様に持っているのが特徴的なエビになります。その鮮やかな体色で非常に人気が高いエビになります。今回は、そんなシ[…]


関連記事

オニヌマエビは、フィリピンなどの東南アジアが原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科オニヌマエビ属のエビで、茶色に近い色をしており地味な体色をいるエビになります。今回は、そんなオニヌマエビの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]

グラスフィッシュの飼い方

スカーレットジェムは、飼育するのが簡単な品種になります。スカーレットジェムの寿命は、約2〜3年になります。また、体の大きさは約5〜7cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱アルカリ性から中性を好み、pHであれば7.5~8.0を特に好みます。スカーレットジェムは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

glassfish_3

混泳について、まずグラスフィッシュの性格は、気性が荒い性格になります。そのため、グラスフィッシュよりも体が小さな個体がいた場合にはすぐに攻撃をしてしまう場合があるので注意が必要です。一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはグラスフィッシュとケンカをしてしまい、それぞれがケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。もし、グラスフィッシュと小型の品種をどうしても混泳させたい場合には、攻撃されても大丈夫なように水草などで隠れ場所を作ってあげるなどの対策をしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。ネオンテトラとはネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

グラスフィッシュを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。グラスフィッシュのオス・メスの見分け方は、非常に難しいのである程度の匹数を水槽に入れてあげるような対策をとってください。繁殖させる環境としては、水草などを多めに入れてあげることで産卵場所の確保と隠れ場所の2つを一気に解決できるので入れるようにしてください。また、産卵したのを確認できた場合には他の水槽などに移すようにしてください。その後、孵化してから稚魚にエサをあげるのですが、稚魚のエサは出来るだけ小さいエサをあげる必要があるのでインフゾリアという微生物をあげる方が多いです。ただし、多めにあげてしまうと水質の悪化に関わることがあるので少しずつあげるようにしてください。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

グラスフィッシュを飼う際の注意点

glassfish_4

グラスフィッシュは、飼育のしやすさや他にはない体色などから人気の品種になります。専門店などでは、グラスフィッシュと色が入ったカラーグラスフィッシュが一緒に販売されている事も多いので見比べてみて好きな個体を選んでみるのも面白いです。カラーグラスフィッシュは、後天的に色を入れてあるので徐々に色が薄くなるので注意が必要です。ただ、薄くなる事を計算して少し濃く色をいれてある事が多いので水槽などでみると非常に幻想的な体色になっています。グラスフィッシュに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

関連記事

テナガエビは、日本、朝鮮、台湾などの東アジアが原産でエビ(十脚)目テナガエビ科テナガエビ属のエビで、緑色や灰色の褐色の体色を持ったエビになります。手が長いエビとしても有名です。今回は、そんなテナガエビの特徴と飼い方を詳しく説明してい[…]


関連記事

ロリカリアは、南アメリカにあるアマゾン川流域が原産でナマズ目ロリカリア科リネロリカリア属の熱帯魚で、体高が低く、横から見た際に平べったい見た目をしており吸盤状の口を持っています。今回は、そんなロリカリアの特徴と飼い方を詳しく説明して[…]

最新情報をチェックしよう!