スマトラの特徴と飼い方

スマトラは、インドネシア共和国にあるスマトラ島やボルネオ島が原産でコイ目コイ科プンティウス属の熱帯魚で、四本の黒い帯状の線が体の側面を縦断しているのが特徴的な熱帯魚になります。今回は、そんなスマトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

スマトラとは

tetrazona_2

スマトラは、コイ目コイ科プンティウス属の熱帯魚になります。スマトラの原産地は、インドネシア共和国にあるスマトラ島やボルネオ島になります。スマトラの体色は、四本の黒い帯状の線が体の側面を縦断するようにあります。また、黒と黄色の体色を持った個体もいることから「タイガーバルブ」という別名を持っています。

関連記事

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。熱帯魚の分類カ[…]


関連記事

ミナミヌマエビは、日本、朝鮮半島、中国、台湾などの東アジアが原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビで、黒色の細い線が背中部分に筋の用に一定間隔で入っているエビになります。今回は、そんなミナミヌマエビの特徴と飼い方を詳し[…]



スマトラの飼い方

スマトラは、少し癖がある品種になります。スマトラの寿命は、約3〜5年になります。また、体の大きさは約5〜7cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば6.0〜7.5を特に好みます。スマトラは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

tetrazona_3

混泳については、まずスマトラの性格は、気性の荒い性格になります。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強くない場合や、攻撃的でない品種である場合には注意が必要になります。また、グッピーやネオンテトラなどのヒレが長い種類などは噛じられる可能性があるので注意が必要です。スマトラは、群生になって泳ぐ特徴を持っているためスマトラ同士を混泳させる場合があります。その際に注意すべき点として、スマトラを2・3匹程度の少数で混泳させるとそれぞれが喧嘩する場合があるので、5匹以上でいれるようにしてください。スマトラと混泳させるのにオススメの品種としては、ゼブラダニオやプレコなどがオススメです。もし、スマトラをグッピーやネオンテトラなどの種類と混泳させたい場合には、追いかけられても逃げる事が出来るように、水草などを入れるなどの対策をするようにしてください。

関連記事

ゼブラ・ダニオは、インド北部にあるコシ川が原産のコイ目コイ科ダニオ属の熱帯魚で、黄色(オレンジ)の体色に紺色の縦じまを持っているキレイな魚になります。今回は、そんなゼブラ・ダニオの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]


関連記事

プレコは、南アメリカにあるアマゾン川流域とオリノコ川流域が原産でナマズ目ロリカリア科ペコルティア属の熱帯魚で、鎧のように固くザラザラとした鱗と、岩や壁面に張り付くことが出来る吸盤状の口を持っています。今回は、そんなプレコの特徴と飼い[…]


関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。ネオンテトラとはネオンテトラは、カラ[…]

産卵についてのポイント

スマトラを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。スマトラのオス・メスは、ヒレ先の色で見分けることが出来ます。オスの方が、ヒレ先の色が綺麗な赤色になっており細めの体型をしています。それに比べてメスは、ヒレ先の色が薄い赤色になっており丸めの体型をしています。成熟した状態であれば、ヒレ先の色だけで見分けることが出来るくらいに違うので、繁殖させる際には比べてみてください。成熟したオス・メスが水槽にいることを確認できたらその内求愛行動を始めたらその二匹を別の水槽に移すようにしてください。そして、産卵床や水草などを入れておくことで卵を産み付けます。卵を産み付けたのを確認したら、すぐに親は元の水槽に戻すようにしてください。スマトラは、産卵した卵を食べてしまうことがあるのですぐに移すことが大切になります。産卵して一週間程度で孵化するのでその後は他の熱帯魚を同じように飼育するようにしてください。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

スマトラを飼う際の注意点

tetrazona_4

スマトラは、飼育しやすい点や特徴的な体色から人気が高い品種になります。スマトラを飼育する際に気をつけておくべき点としてエサを与えすぎないようにしてください。スマトラは、他の種類に比べてよく食べる種類になるのでついつい与えすぎてしまう事がよくあります。それによって、食べ残しやフンなどによる水質悪化が起こりやすくなるのでエサをあげる際には控えめにするようにしてください。スマトラは、黒と黄色(白)の縞模様が特徴的で複数匹を一緒に泳がせる事でさらに楽しめる種類になります。スマトラに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

最新情報をチェックしよう!