ピラニア・ナッテリーの特徴と飼い方

ピラニア・ナッテリーは、南アメリカにあるアマゾン川、オリノコ川が原産でカラシン目カラシン科ピゴケントルス属の熱帯魚で、楕円形に近い体型をしており銀色の斑点がついている鱗を持っている熱帯魚になります。今回は、そんなピラニア・ナッテリーの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ピラニア・ナッテリーとは

nattereri_2

ピラニア・ナッテリーは、カラシン目カラシン科ピゴケントルス属の熱帯魚になります。ピラニア・ナッテリーの原産地は、南アメリカにあるアマゾン川、オリノコ川になります。ピラニア・ナッテリーは、楕円形に近い体型をしており頭部が少し腫れているように見える場合もあります。ピラニア・ナッテリーの体色は、銀色の斑点がついている鱗を持っておりそれにより光が当たるとキラキラと反射します。一般的には、「ピラニア」として知られています。

関連記事

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。熱帯魚の分類カ[…]


関連記事

ノーザンバラムンディは、オセアニア地区にあるパプア・ニューギニア、オーストラリア北部が原産でアロワナ目アロワナ科スクレロパゲス属の熱帯魚で、やや体高が高くずんぐりとした体型をしており体長の半分を尻ビレと背ビレに占めている熱帯魚になり[…]


関連記事

ネオケラトドゥスは、オーストラリアにあるメアリー川、バーネット川が原産でケラトドゥス目ケラトドゥス科ネオケラトドゥス属の熱帯魚で、背ビレ・尾ビレ・尻ビレがとぎれずに繋がっており一つの大きなヒレに見えます。今回は、そんなネオケラトドゥ[…]


ピラニア・ナッテリーの飼い方

ピラニア・ナッテリーの寿命は、約10〜12年になります。また、体の大きさは約30〜40cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば5.5〜7.5を特に好みます。ピラニア・ナッテリーは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

nattereri_3

混泳について、まずピラニア・ナッテリーの性格は、臆病な性格になります。ただし、怪我などをして出血していう個体を見つけたら容赦なく捕食しに行くので注意が必要です。ピラニア・ナッテリーと混泳させるのにオススメなのがプレコなどの低層を泳ぐ品種になります。またピラニア・ナッテリーを飼育するのであれば同種飼いもオススメです。ピラニア・ナッテリーは、元々群れで泳ぐ種類ですので、一番安全で心配がいらないからです。

関連記事

プレコは、南アメリカにあるアマゾン川流域とオリノコ川流域が原産でナマズ目ロリカリア科ペコルティア属の熱帯魚で、鎧のように固くザラザラとした鱗と、岩や壁面に張り付くことが出来る吸盤状の口を持っています。今回は、そんなプレコの特徴と飼い[…]

産卵についてのポイント

ピラニア・ナッテリーを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。自然界にいる時は雨季の4〜5月に産卵します。そのため、水槽で産卵させる際には半分程水換えをしてあげることで、雨季が来たと勘違いして産卵してくれるようになることが多いです。産卵の時期だと勘違いすると、オスが底床を慣らして産卵床を整える姿が確認されるようになります。それが上手く行けばメスが寄ってきます。ペアが出来るとオスがテリトリーを守りながら、水底に体を擦りつける動きを始めます。その動きが見られると、メスが600個程度の粘着性の卵を産みます。卵を産んでから、約10〜14日ぐらい経つと孵化し始めます。産卵してから孵化するまでの間は、オスがエサも食べずに卵を守っています。卵を守っている間のオスは、非常に気性が荒いことが多いので注意が必要になります。特に他のオスと混泳させてしまうと危険なので卵と一緒に別の水槽などに隔離してあげるようにしてください。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

ピラニア・ナッテリーを飼う際の注意点

nattereri_4

ピラニア・ナッテリーは、銀色の斑点がついている鱗を持っておりそれにより光が当たるとキラキラと反射する事などから近年人気が高くなっている品種になります。また、ピラニア・ナッテリーを飼育する上でエサについては注意が必要です。ピラニア・ナッテリーは、エサをあげると水槽から飛び出さすんじゃないかと思うぐらいにエサを取り合い食いちぎります。その光景が見る人によっては、無理な場合もあるので安易に購入するのはあまりオススメしません。また、活餌をあたえる際にはそれが謙虚に出るので注意が必要です。ピラニア・ナッテリーを長年飼育している人は、その捕食する場面が好きな方もいるので気にならない人からしたら全く気にならないです。ピラニア・ナッテリーは、美しい体色と憎めない見た目をしています。もし、ピラニア・ナッテリーに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

関連記事

まず、金魚を飼おうと思った際にいれるものが必要になってきます。その時にまず思いつくのが水槽です。しかし、水槽には大きさや形状など様々なものがあります。今回は、水槽について説明していきたいと思います。水槽を選ぶポイントについて[…]

最新情報をチェックしよう!