ノーザンバラムンディの特徴と飼い方

ノーザンバラムンディは、オセアニア地区にあるパプア・ニューギニア、オーストラリア北部が原産でアロワナ目アロワナ科スクレロパゲス属の熱帯魚で、やや体高が高くずんぐりとした体型をしており体長の半分を尻ビレと背ビレに占めている熱帯魚になります。今回は、そんなノーザンバラムンディの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ノーザンバラムンディとは

jardinii_2

ノーザンバラムンディは、アロワナ目アロワナ(オステオグロッサム)科スクレロパゲス属の熱帯魚になります。ノーザンバラムンディの原産地は、パプア・ニューギニア独立国、オーストラリア北部の河川になります。ノーザンバラムンディは、アジアアロワナに似ており体長の半分を尻ビレと背ビレに占めています。ただし、アジアアロワナと違う点として、やや体高が高くずんぐりとした体型をしています。ノーザンバラムンディの体色は、赤っぽい褐色と黒っぽい褐色のどちらかを持っています。ノーザンバラムンディの鱗は、1枚1枚が大きくとても頑丈になっています。そのため、アロワナの仲間の中でもトップクラスに柔軟性が欠けています。

関連記事

熱帯魚を、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体の大きさや見た目も大きく違うので何を基準に選べばいいのか迷います。今回はそんな熱帯魚の種類について詳しく説明していきたいと思います。熱帯魚の分類カ[…]


関連記事

ピラニア・ナッテリーは、南アメリカにあるアマゾン川、オリノコ川が原産でカラシン目カラシン科ピゴケントルス属の熱帯魚で、楕円形に近い体型をしており銀色の斑点がついている鱗を持っている熱帯魚になります。今回は、そんなピラニア・ナッテリー[…]


関連記事

ネオケラトドゥスは、オーストラリアにあるメアリー川、バーネット川が原産でケラトドゥス目ケラトドゥス科ネオケラトドゥス属の熱帯魚で、背ビレ・尾ビレ・尻ビレがとぎれずに繋がっており一つの大きなヒレに見えます。今回は、そんなネオケラトドゥ[…]


ノーザンバラムンディの飼い方

ノーザンバラムンディの寿命は、約10〜20年になります。また、体の大きさは約60〜90cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば6.5~7.5を特に好みます。ノーザンバラムンディは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

jardinii_3

混泳について、まずノーザンバラムンディの性格は、強い攻撃性を持った性格になります。ノーザンバラムンディは、アロワナの中でも攻撃性があるので注意が必要になります。ノーザンバラムンディと混泳させるのにオススメなのがプレコなどの低層を泳ぐ品種になります。ノーザンバラムンディは、肉食なのでノーザンバラムンディよりも小さな個体を混泳させるとエサと認識して食べてしまうことが多いので、混泳させる品種のサイズ感には気をつけてください。

関連記事

プレコは、南アメリカにあるアマゾン川流域とオリノコ川流域が原産でナマズ目ロリカリア科ペコルティア属の熱帯魚で、鎧のように固くザラザラとした鱗と、岩や壁面に張り付くことが出来る吸盤状の口を持っています。今回は、そんなプレコの特徴と飼い[…]

産卵についてのポイント

ノーザンバラムンディを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。ただし、ノーザンバラムンディを繁殖させる際にはまずオス・メスを入れる水槽を用意する必要があるなど、準備段階で一般の家庭などでは難しいです。また、オス・メスの判別も難しいです。ノーザンバラムンディが産卵した場合には、濾過器を使い水質を安定させる必要があることなどノーザンバラムンディの繁殖は難しいです。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

ノーザンバラムンディを飼う際の注意点

jardinii_4

ノーザンバラムンディは、丸美を帯びてずんぐりとした体型をしている古代魚になります。また、他のアロワナ類に比べて知名度が低いことや野生での生息数が多いことなどから値段がアロワナの中では安価で流通しています。ノーザンバラムンディを飼育する上で注意すべき点として成長の速度があげられます。ノーザンバラムンディは、成長が速いので飼育する水槽は最低でも「120cm以上」を用意するようにしてくだい。小さいノーザンバラムンディを、購入しても飼育し始めるとあっという間に大きくなり小さな水槽だと手狭になる可能性があるからです。そして、ノーザンバラムンディを飼育し始めるとエサをあげるのですが、ノーザンバラムンディは飽き性な部分があるので同じエサを上げ続けると1ヶ月程で飽きてしまうので、固形のエサや生餌を定期的に換えながらあげるようにしてくだい。ノーザンバラムンディは、丸みを帯びた見た目と重厚感のある体格を持っています。もし、ノーザンバラムンディに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

関連記事

まず、金魚を飼おうと思った際にいれるものが必要になってきます。その時にまず思いつくのが水槽です。しかし、水槽には大きさや形状など様々なものがあります。今回は、水槽について説明していきたいと思います。水槽を選ぶポイントについて[…]

最新情報をチェックしよう!