ロリカリアの特徴と飼い方

ロリカリアは、南アメリカにあるアマゾン川流域が原産でナマズ目ロリカリア科リネロリカリア属の熱帯魚で、体高が低く、横から見た際に平べったい見た目をしており吸盤状の口を持っています。今回は、そんなロリカリアの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ロリカリアとは

loricaria_2

ロリカリアは、ナマズ目ロリカリア科リネロリカリア属に属する熱帯魚になります。ロリカリアの原産地は、南アメリカにあるアマゾン川流域になります。ロリカリアの体色は、プレコなどに似て地味な色の種類が多いです。ロリカリアは、体がナマズなどと同じように体高が低く、横から見た際に平べったい見た目をしています。また吸盤状の口を持っており、それを器用に使い水草や苔などを削り取るように食べます。この特徴的な見た目などから、水槽などのゴミ取り役として重宝されています。

関連記事

グラミーは、南アジアにあるインド共和国や東南アジアにあるマレー半島が原産でスズキ目キノボリウオ亜目オスフロネムス科の熱帯魚で、特徴的な長く伸びた腹ビレをもっておりアンテナという愛称で知られています。今回は、そんなグラミーの特徴と飼い[…]


関連記事

シャドーシュリンプは、東アジアにある台湾が原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科カワリヌマエビ属のエビで、赤と白や黒と白などの色を模様に持っているのが特徴的なエビになります。その鮮やかな体色で非常に人気が高いエビになります。今回は、そんなシ[…]


関連記事

オニヌマエビは、フィリピンなどの東南アジアが原産でエビ(十脚)目ヌマエビ科オニヌマエビ属のエビで、茶色に近い色をしており地味な体色をいるエビになります。今回は、そんなオニヌマエビの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]


関連記事

テナガエビは、日本、朝鮮、台湾などの東アジアが原産でエビ(十脚)目テナガエビ科テナガエビ属のエビで、緑色や灰色の褐色の体色を持ったエビになります。手が長いエビとしても有名です。今回は、そんなテナガエビの特徴と飼い方を詳しく説明してい[…]


関連記事

グラスフィッシュは、インドや東南アジアが原産でスズキ目タカサゴイシモチ科パランバシス属の熱帯魚で、体の色が透明で骨が丸見えの熱帯魚になります。今回は、そんなグラスフィッシュの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。グ[…]

ロリカリアの飼い方

ロリカリアは、飼育するのが簡単な品種になります。ロリカリアの寿命は、約5〜7年になります。また、体の大きさは約10〜20cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱酸性から中性を好み、pHであれば6.0〜8.0を特に好みます。ロリカリアは、熱帯魚に分類されるので国内での飼育なら、冬にはヒーターが必要になります。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

loricaria_3

混泳について、まずロリカリアの性格は、大人しい性格になります。そのため、一緒に入れる品種が縄張り意識が強い場合や、攻撃的な品種である場合にはロリカリアがやられてしまい、ケガをしてしまう場合やストレスによって病気になってしまうこともあります。ロリカリアと混泳させるのにオススメの品種としては、ネオンテトラなどのカラシン系やアカヒレなど小型の魚になります。ロリカリアと混泳させる品種の相性が分からない場合には、水草をいれて隠れる場所を作ってあげるなどの対策を取るようにしてください。

関連記事

ネオンテトラは、カラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなネオンテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。ネオンテトラとはネオンテトラは、カラ[…]


関連記事

カージナルテトラは、南米のネグロ川やアマゾン川に生息しているカラシン目カラシン科の熱帯魚で、頭から尾びれにかけて青い光を放つ美しい魚になります。今回は、そんなカージナルテトラの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。[…]


関連記事

アカヒレは、中国の広州市にある白雲山が原産でコイ目コイ科タニクチス属の熱帯魚で、体色は銀灰色をメインに、目の後ろ側から尾びれの付け根にかけて、暗めの青色のラインを持っています。今回は、そんなアカヒレの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

産卵についてのポイント

ロリカリアを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。ロリカリアの繁殖は比較的簡単な方です。まずやるべき事として、ロリカリアのオス・メスの判別をする必要があります。オスは、頭部と胸ビレのトゲが発達します。メスは、トゲがあまり発達しないので丸みがあるシルエットになります。ロリカリアがペアで入っていると産卵始めてくれることが多いですが、ロリカリアの繁殖は夜間に行われることが多いので水槽などを明るくしていると産卵しない場合があるので注意が必要になります。また、水換えなどをした直後に繁殖をする場合も多いので繁殖をしないようであれば、水換えをしてみるのをオススメします。産卵したら、ロリカリアのオスが口の下に卵を付けて守ります。そのため、混泳させている他の品種が稚魚を食べる恐れがある場合にはオスを別の水槽に入れるようにしてください。稚魚のエサとして、ブラインシュリンプを選ばれる方も多いですが動物性のエサも食べるのですが稚魚の頃は植物性のエサを多めにあげるほうが安定して成長するのでオススメです。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

金魚をずっと飼っていると殖やしてみたくなります。ですが、金魚の産卵は注意して行わければ金魚が弱ってしまう可能性が高いです。今回は、そんな産卵のやり方と注意点を詳しく説明していきたいと思います。産卵の時期金魚の産卵の時期は[…]

ロリカリアを飼う際の注意点

loricaria_4

ロリカリアは、飼育しやすい点や混泳がしやすい点などからオススメの品種になります。また、水槽内のゴミを処理してくれることからプレコやコリドラスなど品種に飽きた方や水質を気にする方などにオススメです。ロリカリアは、苔などを食べてくれるのですが底面の汚れなどはあまり得意ではないので、もし底面の汚れを取って欲しい人には不向きな品種になる可能性が高いので注意が必要です。ロリカリアに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

関連記事

プレコは、南アメリカにあるアマゾン川流域とオリノコ川流域が原産でナマズ目ロリカリア科ペコルティア属の熱帯魚で、鎧のように固くザラザラとした鱗と、岩や壁面に張り付くことが出来る吸盤状の口を持っています。今回は、そんなプレコの特徴と飼い[…]


関連記事

コリドラスは、南アメリカにあるアマゾン川流域が原産でナマズ目カリクティス科コリドラス属の熱帯魚で、岩や壁面に付着している苔などを食べるためにナマズなどと同じように口が下側に付いています。今回は、そんなコリドラスの特徴と飼い方を詳しく[…]

最新情報をチェックしよう!