東天光メダカの特徴と飼い方

東天光メダカは、朱赤の体色で背中が光っているメダカになります。体色と背中が光っている特徴が日の出を連想させることから、東天紅(東の空に光がさして夜が明けようとする様子)という名前がついています。東天光メダカは、楊貴妃メダカのヒカリ体型のメダカになります。今回は、そんな東天光メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

東天光メダカとは

totenkokillifish_2

東天光メダカは、朱赤の体色で背中が光っているメダカになります。体色と背中が光っている特徴が日の出を連想させることから、東天紅(東の空に光がさして夜が明けようとする様子)という名前がついています。東天光メダカは、楊貴妃メダカのヒカリ体型のメダカになります。ヒカリ体型の特徴として背ビレと尻ビレが同じ形になっており、尾ビレがひし形になっています。一般的なメダカは背ビレと尻ビレは形が異なっており、尾びれは三角形になっています。尾びれがひし形になっていることにより、泳ぐと尾ビレがヒラヒラと揺れる姿が非常に美しいので人気があります。

関連記事

オロチメダカは、目やヒレも全てが真っ黒のメダカになります。そのためブラックメダカの最高峰と表現される場合もあります。オロチメダカは背地反応が起きないので室内飼育や水槽での飼育でも黒色が抜けないです。今回は、そんなオロチメダカの特徴と[…]


関連記事

ラメメダカは、体の一部分・全身がキラキラとした光沢を持っているメダカになります。ラメメダカは、様々な品種と掛け合わされており、多種多様なラメメダカが生まれています。例えば三色ラメ幹之メダカや琥珀ラメ幹之メダカなどが存在します。今回は[…]

東天光メダカの成り立ち

totenkokillifish_3

東天光メダカは、2005年に大場氏が作出しました。ただし楊貴妃メダカを固定化させている過程で朱赤体色のヒカリ体型の個体が生まれていました。楊貴妃メダカが固定化された後に、その中からヒカリ体型だけを選抜して固定したのが東天光メダカになっています。そのため楊貴妃メダカを固定化していく過程の副産物という見方も出来ます。

関連記事

楊貴妃メダカは、朱赤色のメダカになります。緋メダカの体色は黄色に近いオレンジ色なのに対して、楊貴妃メダカは赤色に近いオレンジ色のメダカになります。今回は、そんな楊貴妃メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。楊[…]


関連記事

紅白メダカは、体色が紅色(赤色)と白色のメダカになります。その分かりやすい体色から初心者の方から玄人の方まで幅広く支持されてます。紅白メダカは、様々な品種と掛け合わされており、色々な特徴を持った紅白メダカがいます。今回は、そんな紅白[…]

混泳させる際のポイント

https://aquarium-dictionary.com/wp-admin/edit.php
混泳について、よくメダカは同じ種類でしか飼育できないと思われている方がいますが、メダカの醍醐味は組み合わせる所にあります。なので、こだわらないのであればメダカ同士であればどの種類であっても混泳させることが出来ます。ただし、体型が違うメダカの場合(ダルマメダカやヒレナガメダカなど)には注意をしてあげるほうがいいです。もし、体型が違うメダカと普通体型のメダカを混泳させるとエサと食べることが出来ないなどの問題が起こる場合がありますので、注意をしてあげる必要があります。しかし、体型が違うメダカと普通体型のメダカを混泳させている方もいるので禁止ではないのでしっかりと対策をとることにより飼うことが出来るので不安になることはありません。ただし、高級メダカと言われるメダカはそれぞれの種類で特徴的な見た目や輝き方をしているので、そのようなメダカに関してはたくさんの種類で飼育するよりもその個体(種類)を楽しむことが出来るような飼育方法をとってあげるのをオススメします。

産卵についてのポイント

産卵についてのポイントは、上記の項目で様々な種類を飼育することがメダカを飼育する醍醐味であると説明しましたが、産卵の時に様々な種類を混泳させていると当然、様々な種類の特徴を持ったメダカが生まれます。しかし、それが必ずしもいいとは限らないです。例えば、赤いメダカと白いメダカを混泳させることでピンク色のメダカが生まれるかというとそういうわけではなく、体の一部が赤色もしく白色のメダカが生まれますし、最悪の場合には何色なのか表現しづらいメダカが生まれる場合もあります。ですが、それがメダカの一つの楽しみ方なので、もし赤いメダカが欲しい方は赤いメダカのみで飼育している方が赤いメダカが生まれる確率は遥かに高いので、産卵のときには自分がどんなメダカが欲しいのかや、どんな色・形のメダカが生まれて欲しいのかを、考えて飼育してあげると後悔や戸惑いが少なくなりますし、自分なりのメダカの楽しみ方を見つけることができるのでオススメです。あくまでも、趣味の範囲であれば、人から文句いわれようが自分が楽しめる方法を貫き通す方が楽しめると思います。下記のページでは、産卵のやり方や注意点について説明していますので、ぜひそちらも読んでみてください。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

産卵が終わりしばらくすると、孵化して稚魚が誕生します。その稚魚のエサや注意すべきことなど気をつけることが多くあります。今回は稚魚の育て方と対策について説明していきたいと思います。孵化までの期間産卵が終わり、卵が水草などに[…]

東天光メダカを飼う際の注意点

totenkokillifish_4
東天光メダカは、よく楊貴妃メダカと比べられることがあります。それは成り立ちや見た目の特徴などからです。ただ東天紅メダカはヒカリ体型なので、尾ビレがひし形である点や背ビレと尻ビレが同じ形である点から全く違う楽しみができます。また背中が光っていることから横見よりも上見の方が特徴をしっかり見ることが出来るのでオススメです。東天紅メダカをネットや専門店で探す際に、「東天光メダカ」と「東天紅メダカ」の2つの表記を目にすることがあると思います。どちらも楊貴妃ヒカリ体型の事を指しているので、大きな違いはありません。2つの表記があるのは、世の中に広まっていく過程で表記が分かれてしまった可能性が高いです。東天光メダカは流通量が多い方の種類ではありません。また認知度もメダカの中で高い方ではありませんが、専門店などに行けば取り扱っていることあります。もし見つけた場合には一度尾ビレの形や背中の光っている部分を確認してみてください。

関連記事

黄金メダカは、全身の体色が黄金色のメダカになります。黄金メダカは変わりメダカの中でも古株になりますが、未だに人気が衰えない品種になります。朱赤系(楊貴妃メダカなど)や琥珀系(琥珀メダカなど)の原点になった品種になります。今回は、そん[…]


関連記事

琥珀メダカは、赤茶色の体色に尾ビレが鮮やかなオレンジ色になるメダカになります。赤茶色という目立たない体色ですが、宝石の琥珀のように引き込まれる魅力を持っている種類になります。今回は、そんな琥珀メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していき[…]

最新情報をチェックしよう!