ヒナモロコの特徴と飼い方

ヒナモロコは、東アジアにある中国や韓国や日本の福岡県久留米市に生息しているコイ目コイ科ヒナモロコ属で、淡褐色で腹部が白色と側面に薄い暗色の縦縞を持った川魚になります。また場所によっては絶滅危惧になっている種類になります。今回は、そんなヒナモロコの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ヒナモロコとは

chinensis_2

ヒナモロコは、コイ目コイ科ヒナモロコ属に属しています。ヒナモロコの生息地は、東アジアにある中国や韓国などになります。日本においては、九州の福岡県久留米市田主丸町大字竹野地区の山間部にある用水路にのみ分布しています。流れのゆるやかな河川の隅や細流、湖沼、用水路などに好んで生息しています。また場所によっては絶滅危惧になっている種類になります。ヒナモロコは、体高が低く口ひげはありません。体色は淡褐色で腹部が白色しており、側面に薄い暗色の縦縞があります。ヒナモロコは、九州北部の一部の地域しか生息していないです。その事などから、日本列島がかつては大陸と地続きであったことを証明する魚と言われています。

関連記事

カワムツは、東アジアにある中国や朝鮮半島や日本の長野県・愛知県・静岡県を流れる天竜川と能登半島より西側の本州、四国、九州の河川や湖沼に生息しているコイ目コイ科カワムツ属で、腹部が白っぽく背面に褐色や黄褐色があり、体側中央に暗い藍色の[…]


関連記事

オヤニラミは、日本の淀川・由良川より西側の近畿地方、中国地方、四国地方、九州北部に生息しているスズキ目ケツギョ科オヤニラミ属で、エラ蓋の後ろ側にある目玉のような模様があり体の側面には6本前後の横縞を持った川魚になります。また場所によ[…]


ヒナモロコの飼い方

ヒナモロコは、飼育の仕方さえ知っていれば飼育は簡単な種類になります。ヒナモロコの寿命は、約2〜3年になります。また、体の大きさは約5〜7cmになります。ただし、寿命も体の大きさも飼育する環境やエサなどによって変化します。水質は弱アルカリ性から中性を好み、pHであれば7.0~8.0を特に好みます。水温は、5~25℃の間であれば生きることが出来ます。

関連記事

ヒーターとは水温を一定に保つ器具になります。専門店などでヒーターを置いているコーナーに行くとさまざまな種類があります。どれを選べばいいのかわからなくなる方もいると思います。今回は、そんなヒーターについての説明をしていきたいと思います[…]

混泳させる際のポイント

chinensis_3

混泳について、まずヒナモロコの性格は、温和な性格になります。そのため、同じサイズ感の種類やバラタナゴなど中型サイズの種類と混泳させるのもオススメです。ヒナモロコは、雑食性なので小型の種類と混泳した場合には追いかける場合があるので注意が必要になります。また混泳させる個体が縄張り意思が強い種類や追いかける種類であればヒナモロコがストレスで弱ってしまう場合があるので注意が必要です。もし混泳させるのが心配な方は、水草などの水生植物を多めに入れて隠れ場所を作るなど工夫してあげるのをオススメします。

関連記事

金魚といえば、夏に縁日や祭りなどで、見る金魚すくいの金魚が金魚だと思っている方がとても多く金魚に沢山の種類があることを知っている方は非常に少ないでしょう。そして金魚一種類一種類に特徴があり、金魚の醍醐味がそこにあると言っても過言では[…]


関連記事

メダカを、専門店に見に行くとたくさんの種類に驚きます。値段も違えば、体色や柄も違うので何を基準に選べばいいのか迷います。なので、今回はそんなメダカの種類について詳しく説明していきたいと思います。メダカの種類緋メダカ[…]

産卵についてのポイント

ヒナモロコを飼育していると繁殖させたいと思う方も少なくありません。ヒナモロコは、自然界であれば6月~9月頃産卵します。飼育している場合には、水温が20度前後になったタイミングが産卵の合図になります。産卵の時期になると、オスは体色が金色になり、胸ビレにごく小さな追星が出ます。メスは、卵管と呼ばれる黒い管を尻付近から伸ばします。成熟したオス・メスがいる場合には、水草などに産卵します。水温が25℃の場合には、およそ24時間で孵化します。稚魚の頃は他の種類と同じようにヨークサック(親からもらった栄養)を消費し、その後は稚魚用のエサなどを与えるようにしてください。その後稚魚は1年で成魚になります。

ヒナモロコを飼う際の注意点

chinensis_4

ヒナモロコは、淡褐色で腹部が白色しており側面に薄い暗色の縦縞を持った川魚になります。ヒナモロコは、よくカワバタモロコと見間違われる事があります。カワバタモロコとの違いは、体高が低く腹びれの後ろにある腹の縁に膨らみがないことなどがあります。ヒナモロコは、河川などの開発や環境の悪化などにより生息数が激減しています。自然界では絶滅したと思われていた時期があるくらいです。現在、さまざまな自治体が保全活動などを行っています。昔ながらの日本の生態系を考える上では、必要不可欠な存在なので教育の面においても重要な川魚になります。もしヒナモロコに興味がある方は、ぜひ一度専門店などで見てみることをオススメします。

関連記事

カワバタモロコは、日本の静岡県より西側、徳島県、香川県、福岡県、佐賀県に生息しているコイ目コイ科カワバタモロコ属で、銀白色を基調として背中部分は緑色を帯びた褐色と側面には灰褐色の縦の帯を持った川魚になります。またカワバタモロコは日本[…]

最新情報をチェックしよう!