青メダカの特徴と飼い方

青メダカは、名前の通り青色のメダカです。しかし、青メダカの中には、水色の個体や藍色の個体が存在している面白いメダカになります。今回は、そんな青メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

青メダカとは

bluekillifish_2

青メダカは、名前の通り青色のメダカです。しかし、専門店などに行って実際に青メダカを見ると青色とは程遠いメダカがいる場合がいます。青メダカの中には、水色の個体と藍色の個体がいるのですが、どちらも青メダカになります。それが青メダカの最大の魅力に繋がっています。店員さんが間違っているわけではなく、他の品種のメダカに比べて青メダカは個体による体色の差が如実に出る品種であるということです。それは、青メダカの皮膚が透明であることが大きく関係しています。透明である事によって、透明度が個体によって変わってくる際に透明度が高い個体は光をよく通すので薄い(明るい)色になり、透明度が低いメダカは光をあまり通さない事により濃い(暗い)色になります。実際には、これだけで色が変化するわけではないのですが、一つの要因にはなっています。よく青メダカを見ていると、水色の個体と藍色の個体が色のですが、どちら青メダカになります。それが青メダカの最大の魅力に繋がっています。

関連記事

白メダカは、その名の通り体の色が白いメダカです。数あるメダカの中でも一位・二位を争う人気のメダカになります。今回は、そんな白メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 白メダカとは 白メダカは、その名の[…]

青メダカの成り立ち

bluekillifish_3

青メダカは、緋メダカや白メダカなど成り立ちは似ていて、黒メダカを元とするメダカになります。緋メダカは、黒メダカの黒色の色素を欠いたメダカになります。青メダカは、黒メダカの黄色の色素が欠いたメダカになります。なので、黒色の色素が残っているので青メダカを繁殖させていると稀に黒メダカのような体が黒色のメダカが生まれることがあります。青メダカが他の品種のメダカに比べて秀でている部分があり、それは光る部分が分かりやすいということです。メダカには光る(虹色)色素があるのですが、緋メダカや白メダカなどにも存在はしているのですが、緋メダカは白メダカは体色がしっかりと出ているために光る部分が分かりづらいというデメリットが生まれています。しかし、青メダカは体色が透明なために光っている部分が分かりやすいので光っているメダカが好きな人は青メダカがオススメです。

関連記事

緋メダカは、古くから日本人に親しまれているオレンジ色のメダカです。子供の頃に川にいたメダカの一部は緋メダカになります。今回は、そんな緋メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 緋メダカとは 緋メダカは[…]


関連記事

黒メダカは、古くから日本の川に生息しているメダカになります。ただし、近年は絶命危惧種にしてされるほどに数が減少しているメダカになります。今回は、そんな黒メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 黒メダカとは […]

混泳させる際のポイント

混泳について、よくメダカは同じ種類でしか飼育できないと思われている方がいますが、メダカの醍醐味は組み合わせる所にあります。なので、こだわらないのであればメダカ同士であればどの種類であっても混泳させることが出来ます。ただし、体型が違うメダカの場合(ダルマメダカやヒレナガメダカなど)には注意をしてあげるほうがいいです。もし、体型が違うメダカと普通体型のメダカを混泳させるとエサと食べることが出来ないなどの問題が起こる場合がありますので、注意をしてあげる必要があります。しかし、体型が違うメダカと普通体型のメダカを混泳させている方もいるので禁止ではないのでしっかりと対策をとることにより飼うことが出来るので不安になることはありません。ただし、高級メダカと言われるメダカはそれぞれの種類で特徴的な見た目や輝き方をしているので、そのようなメダカに関してはたくさんの種類で飼育するよりもその個体(種類)を楽しむことが出来るような飼育方法をとってあげるのをオススメします。

産卵についてのポイント

産卵についてのポイントは、上記の項目で様々な種類を飼育することがメダカを飼育する醍醐味であると説明しましたが、産卵の時に様々な種類を混泳させていると当然、様々な種類の特徴を持ったメダカが生まれます。しかし、それが必ずしもいいとは限らないです。例えば、赤いメダカと白いメダカを混泳させることでピンク色のメダカが生まれるかというとそういうわけではなく、体の一部が赤色もしく白色のメダカが生まれますし、最悪の場合には何色なのか表現しづらいメダカが生まれる場合もあります。ですが、それがメダカの一つの楽しみ方なので、もし赤いメダカが欲しい方は赤いメダカのみで飼育している方が赤いメダカが生まれる確率は遥かに高いので、産卵のときには自分がどんなメダカが欲しいのかや、どんな色・形のメダカが生まれて欲しいのかを、考えて飼育してあげると後悔や戸惑いが少なくなりますし、自分なりのメダカの楽しみ方を見つけることができるのでオススメです。あくまでも、趣味の範囲であれば、人から文句いわれようが自分が楽しめる方法を貫き通す方が楽しめると思います。下記のページでは、産卵のやり方や注意点について説明していますので、ぜひそちらも読んでみてください。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

産卵が終わりしばらくすると、孵化して稚魚が誕生します。その稚魚のエサや注意すべきことなど気をつけることが多くあります。今回は稚魚の育て方と対策について説明していきたいと思います。 孵化までの期間 産卵が終わり、卵が水草などに[…]

青メダカを飼う際の注意点

bluekillifish_4

青メダカは、専門店などに行けば取り扱っていることが多く、比較的安価で購入することが出来るメダカなので初心者の方でも気軽に挑戦することができるのでオススメのメダカになります。また、青メダカは目立つような特徴がないので他のメダカと一緒に入れた際も邪魔することがないので、安心して入れることが出来るので様々なメダカを一緒に入れている方にもオススメです。しかし、そういう青メダカにも飼育する上での注意点があります。それは、青メダカなりの悩みではあるのですが、睡蓮鉢や桶などで飼育する方にとってはあまり面白みがないメダカであるということです。青メダカを上から見てみる黒メダカのような黒いメダカにしか見えません。それは、青メダカが光が当たることによって最大の力を発揮するところにあります。上からだと、光を反射するメダカにはいいのですが光を通す青メダカのようなメダカにとっては、最も不利な角度になってしまいます。青メダカを最大限楽しむには、ガラスケースなどのような横から見ることが出来る入れ物で飼育することをオススメします。横から見る青メダカは、上から見たときと全く違い様々な色を出してくれるので同じメダカだとは思えないぐらいです。そして、出来るのであれば照明・ライトなどを当てる事で、その光を利用して体の一部がキラキラと光る個体が見えたりするので、ぜひ挑戦してみてください。

最新情報をチェックしよう!