メダカのエサ

メダカを飼育し始めてまず立ちはだかる壁としてエサの種類の多さです。専門店に行くと何十種類ものエサが販売してあり何を買えばいいのか、わからなくなります。今回はメダカのエサについて説明していきたいと思います。

メダカのエサについて

ad-killifishbait_2

メダカは、観賞魚としての人気も高く昔から日本人に親しまれてきました。そのため、様々な種類のエサが出ています。なので、迷わないように今回はメダカのエサについて説明していきます。まず、メダカのエサにあまり興味がない方た初心者の方は一般的に専門店などで販売されているエサで全く問題ありません。しかし、専門店のエサ売り場に行くとたくさんの種類のエサが置いてあり、どれを買えばいいのか迷ってしまう方もいると思います。もしどれにすればいいのか迷われた場合には、大手の企業が販売しているエサを購入するのをオススメします。例えば、キョーリンが販売している「Hikari」シリーズ、テトラ(現:スペクトラム ブランズ ジャパン株式会社)が販売している「キリミン」シリーズ、GEXが販売している「メダカ元気」シリーズなど大手が販売しているエサであれば、あまり失敗することがないのでもし迷われた方は一度それらを購入してみるのをオススメします。

関連記事

エサを買いに行った際に、意外に餌の種類があることに驚くことがあると思います。一体どのエサが良いのかわからなくなります。なので、今回はエサの種類についての説明をしていきたいと思います。 エサの種類について 金魚を飼う際には、エ[…]


関連記事

金魚を飼い始めると、まず最初の壁がエサをどのくらいのタイミングであげればいいのかがわからないということです。なので、今回はエサのあげかたについての説明をしていきたいと思います。 エサのあげ方 エサをあげる時間帯 金魚やメダ[…]


関連記事

産卵が終わると次は稚魚を育てなければいけないのですが、稚魚はちょっと気を抜くとすぐに弱ってしまうのでしっかり対策しておかなければなりません。ですので今回は、稚魚の育て方と対策を詳しく説明していきたいと思います。 孵化までの期間[…]

こだわりのエサ

ad-killifishbait_3

今度は、少しレベルアップして説明していきます。初めての方や、こだわりがあまりない方は上記に書いた大手の商品で問題はないのですが、実は各企業がこだわりたい方に向けての商品も販売をしている場合があります。例えば、キョーリンが販売している「Hikari」シリーズには、「メダカの舞」シリーズが存在します。メダカの舞は、赤系統のメダカに対してあげると良いエサや、光メダカにあげるべきエサなどいくつもの種類を展開していまう。このように各企業が販売しているので専門店に行く際には見てみるのをオススメします。ただし、高級路線の商品は専門店によっては置いていない場合もあるので注意が必要です。

エサのあげ方

ad-killifishbait_4

エサのあげ方は、下記のページにて説明をしています。ただし下記のページで説明しているのは観賞魚全般に向けてのことです。なので、メダカについて少し説明します。メダカは、他の観賞魚(金魚など)に比べて一匹あたりが食べる餌の量は少ないのが特徴です。ですので、匹数に応じてエサの量を調整するのがとても大切になります。もし数匹しか飼育していなのであれば、あげる量は少しでいいですし数十匹飼育している方はあげる量が当然増えるのですが実はあまり増やしすぎるのはNGです。メダカは一匹あたりの食べる量が少ないので、匹数が増えたら食べる量が増えるかというとそういうわけではなく、食べることが出来るメダカと食べることができないメダカの割合が増えてきます。匹数が少ない場合には全体に均等にエサが渡るのですが、匹数が増えていくとそれぞれのメダカに均等にエサが行き渡らなくなります。それは仕方がない部分ではあるので、平等に食べさせたい場合には数を少なくしてあげる以外には難しいです。なので、飼っているメダカが多い方は食べることができなかったメダカに対しての対処を考えるほうが簡単です。その方法は、エサの代わりになるものを入れておくことです。例えば、水草や苔などをわざと入れておく事です。水草などを入れておくことでメダカはエサを食べることができなかった場合には、自ら水草を食べるのでエサを増やすのではなく食べることができない場合に対しての対処を考えるようにするのをオススメします。

最新情報をチェックしよう!