黒メダカの特徴と飼い方

黒メダカは、古くから日本の川に生息しているメダカになります。ただし、近年は絶命危惧種にしてされるほどに数が減少しているメダカになります。今回は、そんな黒メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

黒メダカとは

darkkillifish_2

黒メダカは、日本に古くからいるメダカの一つです。自然界にいるメダカの中では、一番古くからいるので昔川でとっていたメダカの多くはこの黒メダカに当たることが多いです。しかし、近年では数が減少してしまい、2003年には環境省が発表しているレッドデータブックにおいて絶滅危惧種に指定されました。ですので、もし川で黒色のメダカを見つけた場合には、掬うにしても数匹にするようにしてください。ただ、専門店などに行けば黒メダカは販売されています。販売されている黒メダカは、養殖や自然界の中でもしっかりと管理された場所においてのみとるようにしているので購入してもらって大丈夫です。

関連記事

白メダカは、その名の通り体の色が白いメダカです。数あるメダカの中でも一位・二位を争う人気のメダカになります。今回は、そんな白メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 白メダカとは 白メダカは、その名の[…]


関連記事

青メダカは、名前の通り青色のメダカです。しかし、青メダカの中には、水色の個体や藍色の個体が存在している面白いメダカになります。今回は、そんな青メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 青メダカとは 青[…]

黒メダカの成り立ち

darkkillifish_3

黒メダカは、メダカの中でも原生種に近く緋メダカなどのメダカの元になっており、現在でも根強い人気があるメダカです。黒メダカは、古くから日本の川に生息しており、大きく分けると2種類に分けることができます。一つが「キタノメダカ」になります。生息地としては、本州の日本海側や東北地方や北陸地方など北日本に生息しています。もう一つが、「ミナミメダカ」になります。生息地としては、本州の太平洋側や四国・中国地方や九州などの南日本や西日本などに生息しています。また、ミナミメダカに関しては地方によっては、外来種の「カダヤシ」と間違われることがあるので注意が必要です。キタノメダカとミナミメダカを総称して「ニホンメダカ」と呼ばれています。

関連記事

緋メダカは、古くから日本人に親しまれているオレンジ色のメダカです。子供の頃に川にいたメダカの一部は緋メダカになります。今回は、そんな緋メダカの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 緋メダカとは 緋メダカは[…]

混泳させる際のポイント

混泳について、よくメダカは同じ種類でしか飼育できないと思われている方がいますが、メダカの醍醐味は組み合わせる所にあります。なので、こだわらないのであればメダカ同士であればどの種類であっても混泳させることが出来ます。ただし、体型が違うメダカの場合(ダルマメダカやヒレナガメダカなど)には注意をしてあげるほうがいいです。もし、体型が違うメダカと普通体型のメダカを混泳させるとエサと食べることが出来ないなどの問題が起こる場合がありますので、注意をしてあげる必要があります。しかし、体型が違うメダカと普通体型のメダカを混泳させている方もいるので禁止ではないのでしっかりと対策をとることにより飼うことが出来るので不安になることはありません。ただし、高級メダカと言われるメダカはそれぞれの種類で特徴的な見た目や輝き方をしているので、そのようなメダカに関してはたくさんの種類で飼育するよりもその個体(種類)を楽しむことが出来るような飼育方法をとってあげるのをオススメします。

産卵についてのポイント

産卵についてのポイントは、上記の項目で様々な種類を飼育することがメダカを飼育する醍醐味であると説明しましたが、産卵の時に様々な種類を混泳させていると当然、様々な種類の特徴を持ったメダカが生まれます。しかし、それが必ずしもいいとは限らないです。例えば、赤いメダカと白いメダカを混泳させることでピンク色のメダカが生まれるかというとそういうわけではなく、体の一部が赤色もしく白色のメダカが生まれますし、最悪の場合には何色なのか表現しづらいメダカが生まれる場合もあります。ですが、それがメダカの一つの楽しみ方なので、もし赤いメダカが欲しい方は赤いメダカのみで飼育している方が赤いメダカが生まれる確率は遥かに高いので、産卵のときには自分がどんなメダカが欲しいのかや、どんな色・形のメダカが生まれて欲しいのかを、考えて飼育してあげると後悔や戸惑いが少なくなりますし、自分なりのメダカの楽しみ方を見つけることができるのでオススメです。あくまでも、趣味の範囲であれば、人から文句いわれようが自分が楽しめる方法を貫き通す方が楽しめると思います。下記のページでは、産卵のやり方や注意点について説明していますので、ぜひそちらも読んでみてください。

関連記事

メダカを飼育していると産卵をしてほしいという方も少なくはないです。しかし、産卵のことについて知っている方や何を準備しなければいけないのかなを知っている方は多くはないです。今回は産卵のやり方とそれの注意点を説明していきたいと思います[…]


関連記事

産卵が終わりしばらくすると、孵化して稚魚が誕生します。その稚魚のエサや注意すべきことなど気をつけることが多くあります。今回は稚魚の育て方と対策について説明していきたいと思います。 孵化までの期間 産卵が終わり、卵が水草などに[…]

黒メダカを飼う際の注意点

darkkillifish_4

黒メダカは、原生種に近いこともあり非常に飼いやすいです。値段に関しては安価な場合が多いが地域によっては少し値段が高い場合がありますが、メダカの中では比較的安価で手に入れることができるので初心者の方などにもオススメのメダカになります。黒メダカを飼う上での注意点としては、黒メダカは他の品種に比べて周りの環境に順応する機能(保護色)が発達しています。例えば、周りの環境が明るい場合では体の色を薄くして透明に近い状態になり、逆に周りの環境が暗い場所であれば体の色を濃くして影に身を潜めます。このように、黒メダカは周りの環境に順応するので飼育する環境がガラスケースのような光が入りやすい環境だとあまり黒くないので注意が必要です。もし、黒い状態を鑑賞したいのであれば、バケツや睡蓮鉢などで飼育するようにして底床はできるだけ暗い色を選ぶようにしてあげるといいのですが、そうすると暗すぎてメダカが見えないので悩ましい所です。なので、どこまで妥協できるのかを考えるようにしてください。もし、少しは黒メダカが見るほうがいいのであれば、底床の色を少し明るめの色にしてあげるなど工夫をしてあげるようにしてください。もし、ガラスケースで飼育したからといって死んでしまうわけではないのであくまでも、出来る範囲で工夫をしてもらうので大丈夫です。

関連記事

金魚を飼う際に、見栄えや金魚が美しく見えるようにするために底床を入れる場合があると思います。ですが、いざ店頭に行ってみると様々な種類があり迷うことがあります。なので今回は、底床についての説明をしていきたいと思います。 底床の種[…]

最新情報をチェックしよう!