尾ぐされ病の原因と対策

金魚の尾びれが徐々になくなっていく病気である尾ぐされ病についての原因と対策について今回は説明していきたいと思います。

尾ぐされ病とは

bottomrot_2

尾ぐされ病は、病名だけを聞いたら怖い病気だと思う方が多いですが、実際は尾びれが徐々になくなっていく病気です。放っておくと、どんどん尾びれが短くなっていき修復が不可能になってしまい、尾びれが短い金魚になってしまい最終的に他の病気などを併発して死んでしまうことが多いです。ですので、しっかりと初期の段階で対処することで被害を最小限に留めることが出来ます。

関連記事

金魚を飼っていると、季節の変わり目などで病気になることがあります。しかし、病名がわからない・治し方がわからない等の壁が出てきます。なので、今回は金魚の病気について説明していきたいと思います。 金魚の病気について 金魚は他の観[…]

尾ぐされ病の原因

尾ぐされ病の原因は水槽内にも存在している滑走殺菌類に属するフレキシバクター・カラムナリス菌という菌が原因で発症します。ただし、この菌がいる事によって必ず感染するというわけでもありません。感染しやすくなる原因としては、水質の悪化や水温の急激な変化など、金魚に過度のストレスがかかる事によって体調不良を起こして、その際にヒレ・唇・皮膚などが傷ついたときなどに感染しやすくなります。 原因であるカラムナリス菌は、尾ぐされ病のほかにも口ぐされ病や鰓ぐされ病など感染した部位に応じて病気が発症します。また、古い餌にもカラムナリス菌が繁殖していることがあるので、できるだけ古い餌は与えないようにしてください。他にも、水質環境の悪化も原因になりますので、過密飼育や不衛生な状態は避けるようにして下さい。

尾ぐされ病の症状

初期症状

bottomrot_3

初期症状としては、まず尾びれの先端が白くなってきます。そして、病気が進行していく過程で尾びれに白い糸のようなものがついていることがあります。その白い糸のようなものが、病気によって尾びれが短くなる時に、取れていく尾びれの残骸の一部です。

末期症状

bottomrot_4

末期の症状としては、徐々に尾びれがボロボロになっていき尾びれ自体の隙間が広くなってきます。そして、尾びれ自体の長さも短くなってきます。そして、フレキシバクター・カラムナリス菌が尾びれだけではなく体中に移っていきます。そうして、金魚自体の免疫力がなくなっていき最悪の場合死んでしまうことがあります。

尾ぐされ病の治し方

病気の金魚を別にする

bottomrot_5

尾ぐされ病の対策として最低限しなければいけないのが、病気になっている金魚を別の入れ物に入れることです。尾ぐされ病の原因である、フレキシバクター・カラムナリス菌は感染力が高いので、一匹が尾ぐされ病に罹ってしまうと同じ入れ物に入れている他の金魚に伝染る可能性があるので、別の容器にカルキを抜いた水を加えて病気になっている金魚を移します。もし、ほとんどの金魚が罹っている場合に移す必要はないです。

塩浴による治療

塩浴は、尾ぐされ病の治療法の中でも、もっともやりやすい方法です。塩浴のやり方は、罹っている金魚が入っている入れ物の水に、水に対して0.5%の塩を入れます。正直これだけです。できれば、罹っていない金魚が入っている水槽の方にも塩浴するのをオススメします。罹っていない金魚の中にもまだ発症していないだけでいつ発症してもおかしくない金魚がいるかもしれないですし、もしその金魚が発症したら元も子もないので前もっと処置することをオススメします。

関連記事

金魚が病気の対策や、病気の治療薬に塩を用いることがありますがいまいちわからない方やどのようにすればいいのかが曖昧な方が多いと思います。今回は、塩浴についての説明をしていきたいと思います。 塩浴とは 塩浴は、淡水の水に塩をいれ[…]

薬浴による治療

塩浴よりももっと早く病気を治したい方や確実に治したい方は薬浴をするようにしましょう。尾ぐされ病に効く専用の薬を使用して治療してしていく方法です。塩浴と薬浴を並行でやっていくことも可能です。尾ぐされ病に効果がある薬は、エルバージュエース」や「アグテン」などがあります。

関連記事

金魚が病気にかかってしまって治すために、お店に薬を買いに行っても薬の種類がたくさんあってわからないということになる可能性があります。なので、今回は観賞魚用薬についての説明をしていきたいと思います。 病気の治し方 塩浴とは […]

尾ぐされ病の対策

金魚を飼う時

尾ぐされ病は、傷口などから体に侵入して病気が発症するので、もし金魚が傷をおっても病原菌が入ってこないように水質を安定させておくのが大切です。その為に、正しい水換えや過度なエサの与えすぎなどに十分に気をつけることである程度は防ぐことができます。そして、金魚同士が、ぶつかって傷つかないように過度な飼育をしないことも重要な事です。

新しく金魚を入れる時

新しく金魚を購入した際に、新入りの金魚は住む環境がガラリと変わるのでとてもストレスがかかっている状況です。そういう状況は、尾ぐされ病に罹りやすい状況でもあります。ですので、1週間から10日ほどバケツなど他の入れ物で様子を見てから他の金魚と飼うことをおすすめします。ですが、もし新しく金魚を購入されてすぐに他の金魚を飼おうと考えている場合には、塩浴などして病原菌の量を減少させておくことで尾ぐされ病や他の病気に罹るリスクを少なくする事ができます。

・他の病気について
・薬について

尾ぐされ病で失った尾びれ

尾ぐされ病によって失ってしまった尾びれは、初期の段階であれば時間はかかりますが治る可能性はありますが、末期の段階であれば治る可能性はないに等しいです。ですので、尾ぐされ病を見つけた際は、早い対処が必要になってきます。そして、特に尾びれが特徴的である「琉金型」や「オランダ型」の金魚は特に注意が必要です。

最新情報をチェックしよう!

病気・薬の最新記事8件