ピンポンパールの特徴と飼い方

ピンポンパールは見た目が卓球に使うピンポン玉のように丸みを帯びている金魚です。その体型から女性や子供にも人気がある品種で金魚の品種の中でも人気があります。今回は、ピンポンパールの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。

ピンポンパールとは

pingpong_2

ピンポンパールは、見た目が卓球に使うピンポン玉のように丸みを帯びている金魚です。さらに、パールスケールの鱗に似た真珠のような鱗を持っています。ピンポンパールの可愛い見た目から女性や子供などにも人気がある品種です。そしてピンポンパールは、尾びれが短いので泳ぐときに体全体で一生懸命泳いでいる姿も人気の理由の一つになっています。

関連記事

パールスケールは真珠のように白い鱗を持った金魚です。真珠のような鱗以外に可愛い特徴を持ちさまざまな楽しみ方ができる金魚です。今回は、パールスケールの特徴と飼い方を詳しく説明していきたいと思います。 パールスケールとは […]

ピンポンパールの成り立ち

ピンポンパールは、中国で生まれた品種であるパールスケールの中でも特に尾びれが短く体が丸いものが固定化して現在のピンポンパールになりました。そして、中国から日本にはいってきたのは昭和30年頃になります。現在では女性や子供にも人気の品種になっています。特に若い女性の人気は金魚の中でも一番だと言っても過言ではありません。

関連記事

金魚といえば、夏に縁日や祭りなどで、見る金魚すくいの金魚が金魚だと思っている方がとても多く金魚に沢山の種類があることを知っている方は非常に少ないでしょう。そして金魚一種類一種類に特徴があり、金魚の醍醐味がそこにあると言っても過言では[…]

ピンポンパールの楽しみ方

pingpong_3

ピンポンパールの楽しみ方は、人気がある丸みを帯びた体型をどのようにして鑑賞するかです。そのためには、鉢などに入れて上から見る方法(上見)よりも水槽などで横から観賞する方法(横見)の方がオススメです。横見で鑑賞すると、ピンポンパールの可愛らしい見た目と、一生懸命泳いでいる姿を見ることができます。そして、ピンポンパールを正面から見た時の顔も人気があります。ピンポンパールは、胴体は大きいですが、顔は急に小さくなる特徴から、正面から見た際の顔もなんとも言えない可愛らしさがあります。これらのことを楽しめることから横見で鑑賞することをオススメします。ただし、丸みのバランスなどを鑑賞したいのであれば上見で鑑賞することをオススメします。

混泳させる際のポイント

他の金魚などと混泳させる際に何の種類が良くて何の種類が良くないのか不安になることがあります。まず、金魚全般に言えるのは他の種類と混泳するときにこれとこれは絶対にダメであるという禁止は存在しません。ですので、飼う金魚の性格や環境などによってはダメだと言われている種類同士でも仲良く生きていることもあります。ただ、金魚同士にも相性というものはあります。相性が悪い金魚同士を入れた場合に、すぐに喧嘩をしたり、または片方の金魚だけがエサを独占してしまう可能性が高くなります。なので、あまり相性が悪い金魚同士を入れるのは避けるべきではありますが、最初に説明したとおり金魚同士に禁止は存在しませんので、どうして混泳させてみたい方は混泳させても良いのかもしれません。では、和金と相性がいい金魚と相性が悪い金魚の説明をしていきます。

相性のいい金魚

ピンポンパールと最も相性がいい金魚は、蘭鋳(ランチュウ)や江戸錦(エドニシキ)などのランチュウ型の金魚です。ピンポンパールは、非常に泳ぎが苦手な品種です。同じく泳ぎが苦手な品種が多いランチュウ型であれば相性がいいです。
・蘭鋳について
・江戸錦について
・ランチュウ型について

相性が悪い金魚

ピンポンパールと最も相性が悪い金魚は、和金(ワキン)やコメットなどの和金型の金魚です。和金型の金魚は、動きが機敏で短期間で大きくなる種類が多いです。もし和金型の金魚と混泳される際には、ピンポンパールがエサなどを他の和金型の金魚に食べられて、体の差が離れていく可能性があるので気をつけるようにしてください。そして、ピンポンパールの特徴である鱗にちょっかいを出す場合があるので和金型の金魚と入れている場合には常に和金型の金魚がピンポンパールを追いかけてちょっかいを出していないかを観察するようにしてください。
・和金について
・コメットについて
・和金型について

ピンポンパールを飼う際の注意点

pingpong_4

ピンポンパールは、一般的に目にすることができる個体の半分以上は海外からの輸入物です。輸入元の国は少し前まで中国からでしたが、近年はマレーシアやフィリピンなどの東南アジアの国々からが増えてきています。海外のものが悪いものということは全く無くむしろ国産のものに比べて、金額が安く水温の変化が少ない環境で育っているため金魚自体の痛みが少ない状態ではいってくる場合もありますし、近年は輸送の技術も上がりあまり品質を落とすことなく日本に入れることができるようになってきたので国産のものに比べて輸入の方が品質が落ちているとは一概には言えなくなってきています。ただし、輸入のものに関しては、輸入先が中国南部や東南アジアなど一年中温かい地域が多いために水温が低い環境を知らないで育ってきたのでヒーターを入れることを強くオススメします。もし、ヒーターを入れたくない場合や野外で飼うのでヒーターを入れることができない方などは国産のピンポンパールを飼うことをオススメします。そして、ピンポンパールは金魚の中でも水質・水温の変化に非常に敏感な種類ですので、常に状態がどうであるかを確認してあげるようにしてください。

最新情報をチェックしよう!